FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
地方事務官制度放置「政治に責任」 社保庁問題で厚労相

社会保険庁の出先機関の職員の身分は00年まで都道府県知事が監督する地方事務官だったため、国の監督が及ばずに職務怠慢に陥ったとの指摘がある。与党内からは「国民のための仕事をしていない」として、年金問題の最大の原因だとする声が出ている。


都道府県が監督する地方事務官が職務怠慢であったというのが事実であったとして、国の監督が及ばすにという件はどうなんだろう。その国の監督が行き届いているはずの連中は職務怠慢で無かったとでも言いたいんだろうか。

政治に責任があるというのはご立派だが、それで政治家の何人かが辞めたとか程度で片付けられたのではたまったものではありません。こんな、国が監督さえすればなんでも旨くいくさ的な発想がベースとなった発言は、少なくとも今の段階で看過することは当然出来ません。

政治家に責任があるとか適当なこと言っておいて、その実意識はその程度という底が丸見えの酷い発言です。こういう連中が一人前に政治家面していると思うと、情けなくなりますね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2627-535e6715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック