FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
長谷部の変わりは小野だろうと誰もが思った中、堀之内で来ました。むしろ阿部の能力を信頼してということなのかもしれませんが、結果としてはやはり中盤が一枚減ったという感触が残りました。それでも前半は綺麗な形の攻めも見られたのですが、闘莉王が居なくなってからは厳しくなりました。結果として、長谷部の変わりに細貝が入ったことになった訳で、守備力という面はともかく、攻撃面では、どうしても違いが出てしまいます。

そんな中でコーナーからの先取点は大きかったですが、それが逆に後半の消極性を生んでしまったのかもしれないという感じもします。ただし、ディフェンスに関しては、中盤からよくプレッシャーがかかりカウンターから幾つかのチャンスは与えましたが、全体としてはほぼ押え込んだという印象があります。

小野と永井を投入しましたが、チームとして彼らを使おうという意識はほとんど無いという感じ。単にワシントンと達也を休ませる為にになってしまっています。その辺りで、もう少し攻め込もうという意思統一が出てこないと、もし同点にされた場合ということを考えると、また引き分けという事になりかねません。

啓太が上がりだしてきていたのですが、逆に言えば、啓太の上がりが目立つようになった時というのは、レッズが引き出している証拠。前半までの引き分け連発の状態に対して、打開するという意味では、この試合はまた繰り返しになってしまったなという気がします。

まぁ先制して逃げ切るというのは浦和の勝ちパターンではあるので、それを確実に実行できるだけのスキルが付いたというのは確かでしょう。ただし、それ以上を求めていかないと、やはりこの先は厳しくなるんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2633-1d5b4c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック