FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
『袴田君の再審を』最高裁に提出  『一審死刑』元裁判官が上申書

もし、もしもこの判決が冤罪ということになったとしたら、この裁判官達の罪は殺人より重いだろう。取り調べの内容などによっては、警察も同様の罪を負うだろう。けれど、実際被告の無罪が今後確定したとしても、彼らが罪に問われることはほとんどない。訴訟を起こし、勝ったとしてもその罪に見合うだけの罰を与える事は出来ないでしょう。

この一部の連中のみが特権として持っている、責任以上の権限を持つという事実が現在社会を腐らせている大きな原因の一つであることは確実だと思われます。その典型的な例は、法曹、警察、公務員、政治家、医者など。どれも屑がなりたがる商売な訳で、真っ当な人間ならその非常識さにとても継続できないはずの仕事ばかりです。そういう職務に居座り続け、優秀な成績を上げたりして出世するなんて連中は、僕に言わせれば精神がおかしいとしか思えない。明らかな倫理観の欠如があるということでしょう。

「密室での取り調べや、弁護を十分に受けられなかったことも問題だ」なんて話、問題だじゃ済まない内容です。仮に被告が真犯人であったとしても、これだけで有罪には出来ないとするのが当然でなければなりません。警察や法曹のモラルの低さが尋常ならざるものであるということが伺えます。

何度か繰り返していますが、100人を残虐に殺害するよりも、1件の冤罪を許す方が罪が重いと彼らは徹底的に理解しなければなりません。つい先日の冤罪事件も含めて考えると、この40年間、彼らのやり方はなんの進歩もしていないということになります。こんな連中が国家のお墨付きで他人を捜査したり拘束したり、罪を確定させたりする権限を委譲されているかと思うと、本当におぞましいです。
スポンサーサイト



FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2652-4211ef28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック