FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
消えた年金の遠因? 社保庁労組、手帳統一など次々反対

虫バナ第二弾。虫に権利を与えるとロクなことにならないという話。民間ならともかく公的機関で「合理化絶対反対」と堂々と言えるというのが、そもそも虫の虫たる所以でしょう。こいいう歴史がいけしゃぁしゃぁと残っているということは、まだ合理化できる余地がたっぷりと残されているというのは、確実なようです。

もう調査とかそんな面倒な事はしないで無条件に虫の数を半分にするってのはどうでしょう。虫の事にこれ以上の労力や金などのコストを投入することになんの意味もありません。恐らくそれでもまだまだまだまだまだまだ合理化の余地はあるでしょうから、その後更に半分、そして更に半分として、最終的には現状の数の1/10未満辺りを目標にしたいですね。当然なんちゃら法人とかの虫擬も一切排除の方向で。

前から言ってますけど、もし人間が間違って役人になったら、健康な精神状態であれば1年未満で耐えられなくなって辞めるでしょう。相当な鈍感でも3年もあれば辞めるでしょう。精神に障害をもっていても5年で辞めるでしょう。それ以上役所に所属している連中は人間と判断する必要性を感じません。全て駆除で構わないでしょう。虫なので、権利を認める必要性はありません。問答無用で巣から追い出して、仲間の所にも天下れないような措置を取りさえすれば自然と淘汰されるでしょう。自分達が影響を及ぼせる対象が元の巣から居なくなる訳ですから、実力のみで勝負となります。それでも受け入れてくれる民間がどの位あるのか見物ですね。

ともかく各省庁は完全に虫屋敷になってます。完全にぶっ壊して立て直し。その際また虫に居着かれては無意味ですから、防虫加工をきっちりとして、周囲の害虫駆除も徹底的に行う必要があるでしょう。

【歪みの構造 社保庁問題】(中)無駄遣い底なし 保険料でゴルフ用具

大学校職員の一人は「公務員がゼロから新しい発想をする能力はない。どこかの似たような施設にゴルフ練習場があると誰かが聞きつけ、『じゃあ、うちでも…』ということになったと聞いている」と話す。


身内にまで偉い言われようです。これってひょっとして、だから悪気があった訳じゃないって言いたかったのかもしれないけど、この台詞が虫の存在意義は基本的に無い、少なくとも益よりも害の方が圧倒的に大きい害虫であるということを宣言していることになってます。しかも、この台詞の主語は「公務員が」であることが重要。虫は虫であるという事実によってだけで十分駆除する対象たり得るということでしょうね。

なんて、書いている間にも害虫の実害ニュースは続々と湧き出てきます。ここからのニュースはとても興味深く、社保庁が全く反省の色がないという事を明確に表しています。まぁ虫の言語能力では反省などという高度な概念は扱えないのかもしれません。

社保庁の賞与一部返納、全厚生職員労組は「踏み絵」と批判

社会保険庁の労働組合で共産党の影響力が強い「全厚生職員労働組合」(組合員数約2200人)は26日、政府が同庁の全職員の賞与一部返納を求めたことについて、「社保庁解体後の新組織採用の『踏み絵』にされ、返納が強制されかねない」と批判する談話を発表した。


返納が強制されるのは当然のこと。というか、そもそも支給されたのがトンデモな間違い。法律の限界があったために形式上支給という形をとっただけ。何も言わなくても申し訳なくて受け取れませんというのが人間の発想。支給されて当然だというのが虫の発想。大体踏み絵なんて必要ない。無条件で全額返納が正しい。さらには今の毒虫共を新組織に再度雇用するなんて、とんでもない話だ。逆に社保庁に所属していた虫は新組織には所属する事は出来ないとしなければ、解体することに何の意味もない。まぁ、この一見で、虫に権利などを主張させる必要は無いという事がここでも出てきています。この期に及んで社保庁関係の組合が何かを発言するなどとんでもない厚顔さです。さすが虫だけあってひょっとしたら面の皮が外骨格として機能しているのかもしれません。

社保庁長官、野党視察団を倉庫前で門前払い

反省の色がないだけでなく、まだ人に見せられないようなものを隠している可能性が非常に高いです。必要な知恵は持ち合わせていない癖に、悪知恵だけは働くというのも害虫の典型的な特徴です。虫ごときがまかりなりにも国民に選ばれたという事になっている政治家に注文を付けるなど、おこがましいにも程がある。党もくそもない、バッチを付けている以上、一人で来たとしても最低限の視察には応じるというのが当然の事だ。ましてや平時ではなくこれだけの騒ぎの最中であるのに。虫の根性は性根まで完全に腐っているということを証明しています。やっぱり奴等は虫として扱ってやるのが最も適しているでしょう。
スポンサーサイト
FC2テーマ:年金 | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2662-c00741ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック