FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
最終回の言葉

神髄を付いた言葉が幾つも見られます。一つ一つ挙げていこうかとも思いましたが、それをするととんでもない量になりそうだったので、やめました。本文を読んでいただくのが一番でしょう。

特に「個人の時代とは」と題された節が非常に興味深いです。

個人の時代とは、個人としての誇りと純粋さが必要な時代です。


と表現されています。それはつまり、僕自身の言葉で言えば個人としての価値観の確立ということになるでしょう。形式や上辺、形だけの個人主義では無く、なにが重要なのかを自らの思考と思想で考えることが出来なければ、個人の時代は訪れません。

某首相を筆頭とする、国家主義者が如何に時代に取り残された、色褪せた考え方かが良く表現されていると思います。少なくとも現在の国家という枠組みは利権を守るための仕組みであり、そこから逸脱する事が原理的に出来ない仕組みになっています。国家社会自体が要らない訳ではありません。法律やモラルも必要でしょう。しかし、それは必ずしも現在のものとイコールという訳ではありません。

民主主義にしても資本主義にしても同様です。不要な訳でも間違っている訳でも無いかもしれません。しかし、それら高次な概念を実現するには、様々な、そして難易度の高い前提条件が必要とされます。果たして、現状実現されているものは、その高難度な条件をクリアしていると言えるのでしょうか。

それを考えるだけの材料は、誰でも簡単に手に入れる事が出来ます。しかし、ほとんどの場合は思考そのものがされていなかったり、停止されてしまっていたりします。著名人と言われているような人でも、ある前提条件が固定され、動かすという事が出来ない人を何人も見かけました。そういう人は理屈をこねるのは得意ですが、そもそもの部分が狂っているので、出来上がった論も当然傾いています。問題の根源を知る事がなによりも一番大切だということに気がつかなければ、現在の問題を解決する事は到底出来ないでしょう。
スポンサーサイト



FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2674-eb9834a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック