Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
頭の狂った住民しかいないのか、長溝自治会には。

これはちょっと極端な例という気がしますが、こんなのは良くある話のように思えます。新旧の価値観の軋轢というんでしょうか、この住民の発想は、要は集団への帰属意識の強さの現れな訳です。個人対個人で考えた場合、それがどこの国の人であろうと、近くに来るなと言う程嫌いになれる人間というのは、それほど多くは無いと誰もが理解できているでしょう。ところが、集団対個人となると、その審査基準は極端に厳しくなります。虐めが起こる原因の大きな理由の一つがこれでしょうね。

もう一つは、公私の私の部分が極端に肥大化しているという傾向です。個人主義というのは、個人を重要視する考え方ですが、それは公と私を切り離すことではなく、より強く結びつけるというのが本来の姿です。そうしなければ、個人を社会に対して確立させることが出来ないからで、これまで集落や家という機能が賄ってきた部分まで、個人で引き受ける、その代わりに自由を得るというのが個人主義です。

なんですが、どうも湾曲されて理解されているようで、イイトコドリの発想が蔓延しています。責任は負わないけど、俺は俺の自由にする。それが個人主義、個性尊重だとトンデモな勘違いをしている連中は、工場フル稼働で順調に大量増産されているように感じます。自由という言葉の意味をまるで知らない癖に、振り回しているような状態で、人類総暴走族化計画と言いましょうか、人類総暴力団員化計画と言いましょうか、そういう感じに僕には思えます。

今回の件もまさにこの発想で行われています。つまり、俺の私的空間に入り込むことを許す許可は俺が自由に与えることができる。と考えていて、だけど、それを行う事で自分(達)以外がどう考えるか、周辺にどんな影響を与えるかという部分に関しては、完全に思考を停止させる訳です。だって、公より私の方が圧倒的に重要であり、私が良ければ公なんてどうなろうと知ったこっちゃ無いっていう発想なんですから当然です。

個人が社会と対峙するというのは、恐らく簡単な事ではなく、誰にでも出来る事でもないんだろうと思います。それが出来ない人には酷いストレスになっているんじゃないでしょうか。で、その結果が

相手は誰でもいい多対多のコミュニケーション

なんて事になっているような気がします。mixiとかのしょうもない悩みなんかも、結局この流れ。公私の区別が完全に付かなくなってしまっている連中が起こしている事象に思えます。個人主義によって与えられる権限を誰にでも無制限に与えようと思うから、こういう事になるように思えます。全ての人間が生物学的に人間だと言うだけで平等な権利を持っているはずだなんていう無理矢理な幻想から生まれる歪みです。

そこにプラスして田舎というのは、元来保守傾向が強いというのがあります。これは身をもって体験しています。よそ者というレッテルを貼られた時の、田舎の人間の対応は、そりゃあ恐ろしいです。ガイジンというのは、その時点でよそ者確定と判断することも可能ですから、毛色の変わった人は田舎には住み辛いというのは、今でも恐らくあるんじゃないかという気がします。

そんなこんなでなるべくしてなったという感じがします。
で、対応策は? 大衆の意見を聞く必要があるという考え方を改めることでしょうね。
スポンサーサイト
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2681-9d7157de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック