FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「反省し矯正可能」と最終弁論 奈良女児誘拐殺害

日本の法律では、基本的に愚かなことは罪ではないという事になっています。つまり、弱いものが一番得をするという異常な社会です。またその良い例がでました。

「わいせつ目的で風呂に入れた女児が怒って浴槽から出ようとしたため、とっさに殺意が生じた」と計画性を否定

「パニック状態に陥り、場当たり的に展開された短絡的でおろかな行為」とし、残虐性を強調する検察側の主張は不当


つまり。無思慮で愚かであることは、計画的で自らの行動理念を明確に持つよりマシって言ってます。僕としては37歳の人間に対してなら、どっちも同じ位の重さの罪だと感じます。知りませんでした、判りませんでした、で何でも許されるなんて異様です。

で、最後には

「被害者は1人であり、殺害行為自体は死刑を選択するまでの凶悪な行為とはいえない」


でたー! 一人なら殺してもいいんじゃない?攻撃。判例って怖いですねぇ。

とは言っても、個人的には死刑には積極的に賛成していないです。何故か? だって人間なんて死んだらゴミになるだけなんだから、生かして活用しないと損でしょ? 死刑にしたって無意味だから人権剥奪って処理が一番だと思いますけどね。
スポンサーサイト



FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/269-a9235697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック