FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
民主の政策、閣僚から批判相次ぐ

天下り根絶法案の提出を検討していることについて「(政府・与党は)先の国会で会期を延長してまで公務員制度改革法を通した。変わることは一切あり得ない」と述べた。


民主党が出そうとしている法案がどのようなものなのか知りませんが、結局与党がこういう言い方をするから、アベのやろうとしていることは、改革という名のお茶濁しだという批判が成立してしまう訳です。

延長してまで通そうが、なんだろうが、不十分だったり、もっと良い方法があったりするなら、何度でもいくらでも検討すれば良い。つか、それがお前らの仕事だ。しかも対象は虫達に限定されるんだから、翌日に見直しをかけたところでなんら我々に影響するものでも無い。害虫駆除を徹底することは最優先されるべき至上命題。強行採決をしておいて、一度決めたんだからもう変えられないなんて口が裂けても言うべきじゃない。民主党案そのもに問題があるなら、それを指摘すればいいのであって、門前払いにするのは勘違いも甚だしい。

自民や内閣の支持率が順調に下がり続けているというご時世に、官房長官がこんな訳の分からない発言をするというのが、自民党の末期症状を表していると思う。で、少なくともアベには、その状態を立直すだけの力も無いということが、これまでの閣僚の様々な言動や、この官房長官発言に見て取れる。

ま、アベの場合ビジョンに問題があるので、下手に指導力を発揮されたりすると、トンデモないことになってしまうので、彼に指導力が無かったことは、我々にとって幸運だったと言えるかも知れませんけどね。
スポンサーサイト



FC2テーマ:政治 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2939-a38ac725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック