FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
権威や歴史の笠を着るものは、より大きな権威や歴史、あるいは大儀によって押しつぶされる。その典型。そういうもので正義を語る人間は、まず信用に足りない。大抵のナショナリズムの愚かさがそこにあります。ところが、多くの人間というのは、権威に異様に弱いもので、大衆を効率的に支配するのに最も効果的です。実際元老院も、長期に渡ってその地位を維持してきた訳で、これまでは大過なく収めてきたのでしょう。ところが恐竜のように肥大した思い込みが、時代の変化を感じさせなくする。だから、時として致命的な判断ミスをするし、最期の最期まで自分達の状態に気付くこともない。そして、元老院を倒したキースもまた新たな権威を使って大衆から歓呼されるという図式な訳です。政治ってのは、もうどうにもしょうもないものです。

ジョミーの親父達のダブルスタンダードっぷりも流石で、結局物事の真理は、無知な子供でも考えれば判るようなレベルであっても、愚かな大衆には理解出来ないということなのかもしれません。そして、その矛先が自分達に向いた時に初めてその不条理さに気が付く。迎合することに疑問を持たない連中のこれまた典型的な思考パターンです。結局檻の中の羊は檻の外では生きていけないということなんでしょう。

決戦前夜というだけあって、話自体は動いていません。この後どういう方向に向かうのか見物です。どう見てもハッピーエンドが見えないコースを行っています。というか、これでハッピーエンドだったらちょっとやり過ぎという感じでしょうか。ラストまでここからは足早になるかと思いますが、楽しみです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3038-3587971d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック