FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
2007年10月から放送開始のアニメ番組一覧

10月からの新番一覧を見てみたのだが、小粒感が否めない。ただし、こればっかりは見てみないと判らない部分も多い。期待していたものがだめだめだったり、それ程期待していなかったものが当たりだったりというのは、結構頻繁にあること。

そうは言ってもやはり予想はしてしまうもので、その場合一番の指標にするのはスタッフ。特に気にするのは、監督、脚本辺り。そう言う観点から見て、あえて挙げるなら、

「BAMBOO BLADE」は脚本が倉田英之というのは期待したくなる。ただ、監督に実績が無いのでその部分は未知数。
「プリズム・アーク」は大張正己監督ってことなんだけど、元ネタエロゲーらしい。その時点であまりのアンマッチ度に目眩がする。まぁ気になることはなる。
「キミキス pure rouge」のカサヰケンイチ監督は、ノイタミアではそこそこな感じに仕上げてきたけれど、あの雰囲気がこの作品にあっているかは微妙。ただ、大ハズレは無いのかもしれない。
「スケッチブック」の佐藤順一監督の個人的には微妙なとこ。こちらも小当たり位を期待か。

見る限りで一番期待度が高そうなのは「神霊狩/GHOST HOUND」。これはIGバイアスが若干かかっているかも知れない。ただ、中村隆太郎監督にはlainがあるだけに侮れない。キノはあまり好みでは無かったがRECはそこそこだったと思うし、実績から言うと一番期待は出来そう。

うーん、今回はいつものボーダーで切ると、大分見るものが減りそうな予感がする。元ネタゲームに回帰も見られているように感じる。そして、やっぱりそっち方面は当たりは少ないんじゃないかという予感がする。予想を裏切って数本位は楽しみに出来る作品が出てくるといいんだけど… 厳しいかもなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3138-0c539a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック