FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相

名称の問題などでは勿論無い。そういう些末なことを指示している暇があるなら、もう少し本質的な部分を考えてもらえないだろうか。エグゼンプションに関しては、基本的には正しいと僕は思っている。けれど、それを実施する為の土台ができあがっていないという状態に思える。状況は、国民背番号制に似ている。基本的にはOKでも実施面に問題ありという奴だ。

具体的に何が問題かと言えば、ほぼ全ての企業が業務の評価を正しく行える状態になっていないと言うことに尽きる。少なくとも僕の知る限り正しい評価をしている企業は見たことがない。

つまり、時間が減るということはそのまんま収入減に繋がり、仕事量が減る訳ではないので、サービス残業になったり、あるいは業務時間内の負荷が上がったりと言うことになりかねない。まさに踏んだり蹴ったり。さぼっていた連中には、その位でちょうど良いということになるかもしれないけれど、これまで真面目にやってきた人からすれば、過負荷な状態になる可能性が高い。そんな状態でだんらんもくそもあったもんじゃない。

エグゼンプションを実行したければ、まずは業務査定の方法を一新しなければならない。人の仕事を時間や数字だけで判断しているようでは、これは害になる可能性が高い。つまり、問題は働く側ではなく、雇う側にある訳なんだが、どうもそういう部分は判ってもらえていないようだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3148-995b82a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック