FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
25話はネタバレ話。ドキュメンタリー番組風。これを見れば一応の設定は語られています。納得できるかどうかは別問題ですが。しかしまぁ、桃華月憚に納得を求めてもあまり意味がある事とも思えません。これもまた幻想絵巻って見方をするしかないのでしょう。それ以上を考え出すと頭が痛くなりそうなのでやめにしておきます。

ちょっとエロティックな不条理物語アニメという位置付けが一番適切かと。とりあえず西田の絵が動いて、なんとなく面白いネタをやってくれて、一応アクションなんかもちょっと織り交ぜつつ、微妙に辻褄も合っているような気がするって辺りで抑えておきましょう。

最終話は桃香と桃花の誕生話。やっぱり桃花ちゃんは最終話が最鬱。まぁそれはそうだろな。でもマコちゃんが一発で落ちたシーンと、ラストの桃香との出逢いのシーンは、ちょっと、いやかなり綺麗でした。これまで、どうも桃花って苦手だったんですが、あのシーンは綺麗。で、それを踏まえて桃花ちゃんを回想してみるとちょっといじらしく感じるし、基本的に悲劇のヒロインって役回りなんですよね。で、それがラストつまり第一回で…という流れは確かにちょっと美しいかも。

桃香ちゃんの正体は何者か? ってのも一つ大きなファクターだったんですが、あぁいうオチとは気が付きませんでした。どこかに伏線ありましたっけ?

まぁともかく、そういう話なので、見て楽しいと思えるかという部分に全てかかっているという感じがします。お勧めできるとは言いませんが、ともかく綺麗な絵と不思議な雰囲気を味わえるという意味ではなかなかの逸品です。基本路線はやはりヤミ帽と同じなんですけど、一貫性を維持した分作品の雰囲気は練り込まれているという感じがしますね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3220-b6f71c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
桃華月憚についての最近の情報です。
2007/10/09(火) 05:57:31 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品