FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いい、瑛理子ちゃん最高です。「出来ない自分を受け入れられないの?」って台詞なかなか良いです。それって別に明日夏が考えたように「馬鹿は馬鹿」って意味ではないでしょう。「勉強なんて出来なくなったそれが何だというのか?」という意味でしょう。彼女にとって、勉強って特別な意味が無いものであるし、勉強の出来不出来も当然無意味ことなんでしょう。それは出来ないものにとっては、出来るからこそ言えることと思えるかもしれないけど、そうなんじゃなくて、考えていることのレイヤーが違うってことなんですけどね。だから、謝られても「何が?」な訳ですね。すっごく理にかなった言動だし、それを説明しても理解されることはマレなんで、そんなこともしないというのも良く判る。すっごく魅力的です。ツンデレな訳でも無機質な訳でも無いってところが良い。

いや、本当にそういうキャラ設定なのかは知りませんが、そう取ることも出来るってことで。
でも、だとすると、一輝くんには荷が勝ちすぎてる気がしますねぇ。流れ的には、一輝×明日夏とするよりは、一輝×瑛理子の方が綺麗だと思うんだけど、だとすると、瑛理子ちゃんの価値観を一輝の方に寄せるという流れしかなくて、それをしちゃうとはっきり言って幻滅。彼女の魅力が失われます。でも、例の実験とかコーヒーとかのネタがあるから怪しいんだよなぁ。ここはなんとか一輝は素直に明日夏路線で収まって欲しい。瑛理子ちゃんの方は、そうねぇ柊とかならアリかもね。

残りは結構ガチな組み合わせで、対抗が見あたらないって感じ。そうなると、順調過ぎちゃう気がするんだけど、三角関係みたいのを一杯作っても飽きるだろうし、他の種類の障害を持ってくるのかもしれない。摩央姐ちゃんの方は、進路ってパターンが取れるんだろうし、残るは光一の方なんだけど、どんなネタで来るのかちょっと楽しみです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3526-c775597a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック