FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
千尋に対する描写は凄まじいです。結局彼女のことを蓮治は理解出来ていなかったし、見ている側も(少なくとも僕は)理解できていなかった。記憶が綺麗さっぱり消え失せるのであれば、確かにあの状態になるのは正解かもしれない。客観的に見れば、退行になる訳ですね。そうである以上、いつもの千尋を維持するのがどの程度困難だったのかが理解できる。だからこそ、安易な哀れみや提案は、彼女をして怒らせた訳で、今更ながらその感情を理解することが出来ました。小説に関しても同様で、普通の感覚が異なっている千尋とそれ以外で、どの程度難易度の差があるのか、想像を絶するものがあります。そんな中で一応完成間近まで漕ぎ着けた千尋からすれば、才能という言葉で片付けられるのは、たまらないものがあったんでしょう。逆に言えば、それをああいう形で表現する辺りに彼女の性格がにじみ出ているとも言えます。お話に関しても興味深くて、お話の女の子は結婚するわけですが、その無機質さと無意味さがとってもシニカルです。

千尋サイドが一気に進んだ割には、みやみやの側が停滞していて、景と紘の噛み合わないっぷりが笑える点と、ひょっとして景ちゃんてば心変わり? それって絶対血の雨が降るぜって感じ位しか見るべきところが無かったんですが、ラストのみやみやの電話はなかなか良い演出でした。まぁとは言え、こちら側は相変わらず三角関係の域を出ていない状態で、千尋サイドに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

さて、結論は毎回同じになってしまうんですが、景サイドの話をここまで描いている以上、千尋側とのリンクがどうしても要求されるでしょう。果たしてどうやって関連付けるのか。なかなか想定できない状態です。そこをどんなアイディアで解決するのか、千尋サイドの展開だけじゃなくて、そこが全体を通じて楽しみなポイントになっています。とにかく、1話での展開量自体はそれほど大きく無いんですが、情報量は多いです。展開も秀逸で、演出的な面白さも含めて、たっぷり見せてくれるという感触が毎回あります。いやぁオフィシャルサイトのトップページだけ見て切り捨てなくて本当に良かったわ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3601-ff47a936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック