FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
根強い腐敗構造「一線超えただけ」

こいつらが心底腐っているというのを、自ら白状しています。

常識の範囲内で人間関係を築くのはどこの商社も同じ


の常識の範囲内とやらが一回1万以内の飲食接待や、タクシーチケットの配布と主張するわけだ。全然常識じゃねーよ。接待行為は一切禁止。チケットも渡すべきじゃない。その程度の判断も出来ていないのか。既存の防衛商社は今後50年くらい一切の公共事業から排除するとかしない限りどうにもならないらしい。

防衛省にあいさつに行く際、付いてきてもらうだけで話がスムーズに進む


という以上、天下りは、無条件に全面的に禁止にしなければならない。元役人を受け入れた会社は、その人間が在籍している間は公共事業に参加出来ないなどの規制を設けるべきだ。

防衛官僚や政治家の「裁量」の余地は、長年にわたって温存され続けてきた


なら、裁量権は剥奪しなければならない。そんなものがあるから、こういう結果になるのであって、奴等の権限は必要最低限のものでなければならない。悪用される可能性があるものは全て無条件に無くすべきだ。

「防衛省そのものが腐っている」という話もあるようだが、それを言い出したら省庁全てのそのものが腐っているので、解体するしかないという結論にしかならないだろう。防衛省や特定の次官だけが腐っているなんて都合の良い話なはずがない。まともな役人などというものは存在しないということを前提として、仕組みを再構築するべきだ。

「防衛省の組織的、構造的問題だ」じゃなくて「国の」組織的、構造的問題であるといい加減認めないと、テロ対策も国際貢献もあったもんじゃ無いっつの。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3612-631ca5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック