FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
うーん、結局二ノ宮くんは当て馬だってオチな訳? それはちょっと弱い気がするなぁ。いろりちゃんの行動も今ひとつ不明瞭なところが多い。まだ裏があるってことなのかもしれないけど。

真由ちゃんに対するカンフル剤的な意味合いも強いんだと思うんだけど、元々彼女の心情変化がはっきりと掴めていないので、それを発展させられても、そうもついて行けないという感触があります。麗華さん主体の回が多かった様に思うんですよねここまで、そこから、真由回にターンが回ってきたと思ったら、このシナリオだと、ちょっと辛い。

どうように二ノ宮峻護の心情に関しても、過去回想の数が多すぎて、結局そこへのこだわりが強調されすぎてしまっているような気がします。だから、現在、現実の真由や麗華に対してどう感じているのかという部分が曖昧になってしまっている。全体の構成が峻護が過去を思い出す話になっているなら、それもアリなんだけど、そうはなっていない。だから、峻護と女性陣の間のギャップが埋まらなくて、噛み合っていない。

それが狙いということであるなら、一定の成功を収めているってことなんだけど… 違うような気がするんだよなぁ。峻護に対する描写が絶対的に足りていないんじゃないかな。同様に真由に対しても。メインの二人が揃ってその状態だから、話が見えてこないんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3672-21338b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック