FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ここ一番盛り上がるところです。基本的には素直な展開。わざわざブルーに連れ込んで楽しませるという前振りをする念の入れようでした。ただ、やっぱりここまでのマリの表現がちょっと甘いんじゃないかなという気がします。1話のマリから、ここまで彼女の中の萩乃の存在というのをもう少しはっきりさせておきたかった。事件の真相を知った時に、怒るのか、泣くのか、自我を喪失するのか、それ以外なのか、その選択が変化するのは、彼女にとって萩乃の存在がどうなっているかだと思うので、そこはもう少しプッシュが欲しかった。

更にプラスして、マリは事件の記憶が無いということになっているので、事件や家族の事に関してどのように考えているのかというのがはっきり出来なくなってしまった。勿論真相はショックだろうけれど、それがどの程度のものなのかという想定がし辛い。記憶から既に無いものの真相を聞かされるというのがどうなのか。記憶が無いということについて、彼女がどう思っているのかという部分も含めて、曖昧な感じが残ります。

萩乃の方は、もう少し判りやすい。彼女の星では女性しか居ないというネタが出ていますから、マリに対する心情というのは単純な友情というものと違っているだろうという想定は出来ます。ただ、それも唐突にという感じが少しする。初期段階での萩乃の心情がはっきりしないのが痛い。罪悪感から来ていたようにも見えていたんだけど、事故の段階で既にマリに対して何らかの感情があったと考えるべきなのかもしれない。はっきりしないので、この部分もフォーカスしづらい。

折角のネタ出しなんだから、前提条件を整えてからの方が良かったかなという気がします。それができれば更に盛り上がったんじゃないでしょうか。萩乃とマリってのは、全然違うように見えて実は共有している感覚があって、弱さの部分をお互いに補完しているようなところがあります。だから依存関係が成立しているのだろうというのは判るんですけど、もう一押し欲しかったです。

で、寮の連中や学園祭ネタをどう絡ませるのかが、また見所。どうしてもそちらの比重を上げると、二人の関係が相対的に弱くなります。最終的な落し処は、依存関係を超えた部分に想定しているのかもしれません。けど、そこまで持って行くには話数が厳しいかなという気もする。その辺も含めてどの程度纏めきれるのかが、見所の1つですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3674-7437160f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック