FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ひろゆき氏が語る「炎上・メディア・未成年フィルタリング」

非常に面白く、かつ的確だと思います。基本的に規制をしろと言っている連中のほとんどは発想が時代遅れだと一刀両断しているように読めます。僕もそう思う。このままだとビジネスが成立しなくなるとか、経済が崩壊するとか、そういうこと言う人達が居たとしてもそれって思考が膠着して前提条件が狂ってきているから起こることであることが多いです。実際には、社会が変われば、変わった形のやり方でビジネスや経済は再構成されるだけ。ある種の人達は割を食うかもしれませんが、そんなのはいつの時代でもあったことで、人間は何度もそれを乗り越えてきた。今回だけ乗り越えられないなんて考えるのはナンセンス。

テレビ局を批判しておいて、でも株式会社だし収益を求めればそうなると結論しています。つまり、資本主義に限界が来ているってことです。資本主義を軸にした社会体制では解決できない問題が増えすぎた。そろそろメインの座からは退いて貰わないとという時期に来ているってことです。

一番の問題は資本主義ってのは、人間をマスの一部としてしか認識しないってことなんですよ。規模があらゆるものを圧倒してしまう。ここに問題がある。これからは個人というのがもっと大きくクローズアップされていくことになるでしょう。最初の新聞の話にしても、著作権の話にしても、そういう方向に流れているって感じさせるものがあります。

資本主義的、あるいは民主主義的価値観が横行していると、今まで少数派だと思っていたものが、徐々に増えていって、それでもまだまだ全体から見れば少ないんだけど、ある一線を越えた瞬間に爆発的に増殖するという可能性があります。つまり、社会にノーマルだと認識された段階で一気にそれが定着してしまうという現象です。例えば、嫌煙とか携帯マナーとかもそう。ある一線を越えると一気にヒステリックになります。つまり、圧倒的多数の理解を得る必要は特になくて、それなりの数さえ抑えてしまえば後はやりようってこと。極端な話ですけど、今ならマスコミとみのもんたとスマップとビートだけし辺りを抑えたらなんでも出来るんじゃないかって気すらする。大衆ってのはその程度のものなんですね。

ネットっていうのは、n対nのコミュニケーション空間としては、これまでにないほど規制が緩いんですね。だからその中では比較的個というものが表出しやすくなってる。殺人予告で本当に脅迫したいなら、2chなんかに書き込むよりも大手マスコミにでもFAXした方が本当なら効果が高いはず。でもそれをしない。それは何故なんだと考えた時に、現在の社会が如何に個人を抑圧しているかというのが良く判るんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4201-ebfdc6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック