FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ということで、発表されました夏モデル。まだ、詳細なところまでは判らないですが、判ってる範囲で。

W42S:
多色発行LEDを入れたり、少なくともW31Sに比べれば大分薄くしたりと、見た目には大分気を使ったように思えます。一応ATRAC変換することで、手持ちのファイルを転送することが可能なようで、さすがにLISMO専用という真似はしなかったようです。例によってメモリースティックではありますが、外部スロットに対応しており、4Gの拡張に対応とのこと。値段的に4Gも拡張するのは現実的ではないものの、1G、2G位の増設は考えられないこともない。

下部の「ミュージックシャトル」と称するダイヤル類が、音楽プレイヤー以外の操作にも使えるのかが判らないですが、もし使えないとするなら、プレイヤーとして使わない人にとっては邪魔以外の何者でもない。そのシャトルの位置からして音楽再生時は横向きを想定しているようだけど、ぶっちゃけ携帯で音楽を聴く場合、再生画面をひたすら見続けるということはまずない。バックグラウンドモードにして、音楽を聴きながら待ち受けが基本。リモコンを付属させているんだから。それで操作という使い方の方が(少なくとも個人的には)、圧倒的に多い。なんで、下手するとシャトルの存在意義自体が微妙かもしれないです。

いずれにしても、音楽プレイヤーとしての機能をどう評価するかにこの端末の命運はかかってる気がします。値段も重要。iPod買ったって2万も出せば2G、さらに5千円で4Gのモデルが買えます。HDDで良ければ6Gや8Gのプレイヤーも届いてしまう。1GのMSは流石に1万を割ってきてるけど、2Gとなるとまだ1万を超えている。そう考えると微妙な値段。やっぱりW43SAも待ってから判断した方が良いのかもしれない。

それ以外の端末は、個人的に論外感が高いです。ワンセグ端末もW33SA IIだけだし。しかしまぁ一応後1機種だけ挙げておきます。

W44T:
Bluetoothレシーバー付属という思い切ったことをしてきました。いきなりワイヤレス環境でスタートという訳です。残念ながら肝心のレシーバーの写真を見れていないので、使えるレベルなのかは判断できませんけど、意欲は買いたいと思います。ただ、市販のBluetoothレシーバーはまだ1万を超えるような金額が付いてます。これが丸々端末価格に乗るとなると…、余計なお世話状態でしょうね。通常の端末価格+α程度で収めてれば立派なもんです。まぁ個人的には2軸で、液晶側が表に出た状態で通話できない端末は無意味かつ最低だと確信してるんで、購入することはまず無いでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/43-f37398b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック