FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
無趣味のすすめ

つまりマシーンになることを望んでいる訳ですね。趣味という言葉を遊びと同義程度にしか理解していないんでしょう。そうじゃないです。利益に結びつかないものであっても、それを行うことに喜びを見いだせるというのが趣味人という奴な訳です。そして、それは人間の人格構成や、その人間が集まる社会構成において、重要な意味をもたらすと思っています。文化の基盤となるものです。個人的な感覚で言うなら、遊びとは切り離すべきものだろうと思います。趣味はもっと真剣にやるべきものです。

趣味を行うには余裕が必要というのは、ある程度までは理解できます。けれど、実際には相当厳しい状態でも趣味というのはすることが出来ます。もし、本当に趣味に割く余裕が全く無い程の生活を構築してしまったのだとするなら、それは大いなる失敗であると僕は思う。けれど「郊外にでてランチを楽しんだり、庭でバーベキューをしたり、芝刈りをしたり、子供と遊んだり、勉強を教えたりしている」のだから、その程度の余裕が無い訳では実際ににはないでしょう。

結局は、利益に結びつかないことに価値が見出せなくなってしまっているということだと読めます。完全に資本主義に毒されてしまうとこういうことになってしまいます。僕の目から見ると、病気だとしか思えません。逆に利益や責任、家族や仕事や金なんてものは、自分の趣味を行うための道具でしかないと僕は思っています。そのバランスは人それぞれだし、時と場合によっても変化しますが、主従がひっくり返ることはありません。あくまでも主体は自分であって、世界に対峙するに家族や仕事をフィルターにする必要は無いと考えます。

思い起こすと20代の頃とかは、僕も利益に躍起になってましたね。けれど、もう十分です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4414-4956cfbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック