FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
はっきり言って堀之内がディフェンスの穴になってる。今回の試合でも致命的なミスが複数回あって決定的なシーンに繋げられてます。堤以下の出来でした。山田が出られない理由は堀之内にあるというのも明確。セットプレーの時のヘッドはあるとは言え、それ以外の部分がお粗末と言えます。

攻撃面は今回も構築できず。一応変えようという意図は見えたものの、成功はしなかったというのが現状。足下のパスが多いのも相変わらず。スペースへのパスが何故出せないのか。判っているはずなのに出来ないのが不思議です。そんな状態ですから、相馬や右に入った永井が生きるシーンもほとんど作れず。

エジミウソン、高原、梅崎辺りのポストでは攻撃が成立しない。フォローが遅すぎるので、孤立したようになってしまう。ワシントンはもう居ないということがまだ理解できていないようです。それは、ワシントンが来た時に、エメがもう居ないということをなかなか理解できなかったのと同じ現象。

山田と永井のポジションを変えるとディフェンスが弱くて点を取られるという状態なので、サイドが前に出られない。ポンテが居ないので、闘莉王を中央で使わなければならなくなり、その穴が埋められないという状態。完全に駒が足りてないという感じ。坪井が戻ればもう少しはマシになるだろうか。啓太が戻ったら、闘莉王をディフェンスに戻して、右には永井というのも悪くないんじゃないかと今回の試合では思えました。

兎も角、かみ合わせがまるで出来ていない。もう少しなんとかしないと、いつまでも首位に居られるほど甘くはないだろうと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4456-d750ea4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック