fc2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
脚本が巧いですねぇ。ぶっちゃけ単に稽古に行きましたってだけの話なんですが、それをこれだけ面白く見られる様な会話とシーンが小気味よいテンポで構成されています。シーンの切り返しがまた楽しくて、人形を壊すシーンと真九郎の稽古のシーン、鍋のシーンと弥生さんのシーンと、なかなか笑わせてくれます。

紫という特異な状況の少女の視線を通して、真九郎達の特異な生活を見ていくというダブルギャップに面白さがあります。例えば真九郎などは、初回は相当無色透明なイメージで描かれていましたが、それが徐々に描き込まれていく様がはっきりと理解できるところが凄い。それは夕乃などにしても同様。

毎回回を重ねる度にキャラクターがどんどん見える様になっていって、それでいてキャラクターの同一性が維持されているというのは、当然の様で居てなかなか出来ている作品がありません。しかも、関係性に関しても同時に構築し、世界設定や伏線も張りつつ進めていくという辺りが実に周到です。

かなりの部分の設定については、未だに語られていない状態なんですが、それがマイナス要因にならないほど、キャラが生きています。あくまでも現段階において必要な内容は描かれていると思えるのは、物語の視点がしっかりしているからでしょう。

とは言え、後何話かで話は展開するんじゃないかという気がします。次回は銀子の話のようですから、その次かその次くらいが転換点かもしれません。6話辺りできちんと話が進むというのは綺麗な構成です。まだ話が見えて来ていないので残りがどのくらいあるのか想定できていませんが、それほど大風呂敷を広げているという感じでもないし、逆に広げようと思えば広げることも出来るしという程良い感じの状況を作っていると思います。

純粋に見ていて楽しいと思える数少ない作品ですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4461-38e29161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック