fc2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
少しは持ち家派の肩ももっとくか

あんまり擁護の内容になっていないような気がする。持ち家にすると出来る範囲が広がるというのは事実として認めたとしても、それが如何に有用なのかを解説して貰わなければ意味がない。できるという事実だけでは必ずしも意味があるとは限らない。外食と自炊の例に例えていますが、少々高くても自炊なんて面倒なことをするくらいなら外食で十分だと考える人は多い。しかも最近は外食も安くなってるから、それほどの差分はでないんじゃないの? というのが借家派の主張な訳だ。それに対して、管理組合が云々とか持ち出したら、そんなモノと強制的に付き合わなければならないから持ち家は嫌なんだと、それみたことか状態になるだけでしょう。

住み家というものに特別な価値観を持っているので無い限り、純粋に資産価値とコストパフォーマンスの勝負になるような気がします。今賃貸を借りている人が居たとして、その家賃分で35年ローンを組むとどの位の金額が借りられて、その金額でどういう物件が買えるのか一度見てみるとおもしろいかもしれない。さらには10年後位に金利がどうなっているかとか、自分の住んでいる周辺の開発具合を見つつ地価がどうなっているかとか想定してみるのも重要。毎月払っている駐車場代だけで、ローンに換算するとン百万とかになったりしますから結構驚いたりします。

場合によっては同じ金額あるいは、少々色を付ける程度で今借りている条件よりも広かったり便利だったりする物件が購入できるかも知れない。もしそうだとしたらそれだけでも購入する意味は出てくる。勿論、物件に対する手の入れ方の自由度が増すもそうだし、持ち家であることの社会的信用増加もそうだろう。それらを差し引きしてプラスなると考えられれば購入すれば良いってことなんじゃないのかね。嫁や子供が居るとなると当然計算は変わるでしょう。もし自分が不慮の死を遂げた場合、家族の住み家をどうするのかって考えると、不動産所有の価値はグンと上がります。自分の所得が下がった時も、嫁の所得に期待するとか、二世代ローンに切り替えるとかの技も使えます。

そういう例はとりあえず考えないとするならば、ポイントは、やはり10年とか20年とか経過して売った時、少なくともローン残高を相殺出来る程度の資産価値が残るかという点でしょう。その点ではマンションはお勧めしづらい。土地付き一軒家なら最低でも土地の価格が残るので相殺の可能性が増加します。あくまでも予想ではありますが、予想通り±0にできるなら、ワンポイントと考えて購入しても十分割に合うということになります。勿論、予想以上に地価が上がって土地成金になったり、仕事で一発当てて1年半でローンを全額返済出来てもそれはそれで問題無い。現時点で割高感が高い物件に手を出して、下がって大赤字というのだけ避けていけば、それはそれなりに意味がある。

それと、極端な話35年固定金利にしてしまえば、その分家賃価格の固定が保証されるという考え方も成立するかもしれません。20年後同じ条件の賃貸が同じ金額で借りられる保証はどこにもないと考えると、この保証は悪くない選択だと思える。何れにしても、事情が変わったり、気が変わったりした時にやーめたが出来る物件、つまり売った時に±0に出来る迄の年数がどの程度なのかを把握しておくべきでしょう。結局このギャンブルの勝率はこの年数に依存していると思えます。

自分がどの位不安定な立場なのかも当然重要。圧倒的に不安定だと思うなら当然賃貸の方がメリットが大きい。けれど結構な割合のサラリーマンとかなら、35年後は考えられなくても、10年は何もなければ現在の条件を維持することを前提とするだろう。例えば転職するにしても今の年収は維持というのが条件になったりする。それならば持ち家の方がメリットが大きくなるなるという可能性はあると思う。

結局賃貸の延長線上と考えられれば意外に気が楽になるんじゃないでしょうか。選び方もそういう基準で選べますしね。最悪売り払えばチャラという状態を構築するまでが勝負で、そこを乗り切ればプラスに転じるって計算になります。おじさんから言わせてもらうと、10年って長いようで短いですからね。あ、そうそう家賃の一部を親に払って貰っているとかって人も、購入してローンにしてしまうと、親の援助分自分の資産に回せるってことなので、早めに買った方が多く親から搾り取れてお得って考え方も成立するかもしれません(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4471-ee95cd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック