FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
性差別と性別主義

「いやがらせじゃないよ」ってのは、「わたしにとっては」っていう それだけのことです。


同じ理屈で「いやがらせ」だと感じるのも「わたしにとっては」っていうだけのことだろう(笑) って言われたらなんて答えるんでしょうか。多数決でも取りますかね? なんでもかんでも押し並べて結果平等が成立するという邪悪な妄想に取り付かれています。男と女は全く違う生き物であるし、私と貴方も全く違う生き物です。それを便宜上大雑把に人間という種別に振り分け、もう少し小さな枠で男とか女とかに振り分けているに過ぎません。そういう意味で括りそのものは実在しないというのは確かです。

しかし、おかしいのは性差や年齢という括りは認めていないのに、人間という括りだけは認めているという点です。完全なダブルスタンダードですね。その点を修正して、性差も年齢差も人間もそれ以外も認めないとするなら、個だけが残ることになり、個だけが残ればみんな違うって考え方が成立します。違うのであれば異なった扱いを受けるのはなんら不思議じゃ無い訳で、便宜上、効率上、括りも認めざるを得ないということになります。

であるから、人間であるというのも、男であるも、女であるも、少年も、青年も、中年も、老人も、それらの括りは一定の範囲内に於いて有効な訳です。勿論それが先にありきではありません。あくまでも便宜上です。しかし、私と貴方は別のものであるという前提を忘れてはいけません。そちらの方が大前提なのです。それを忘れるから人間は全て一律同じでなければならないなどという妄想が成立するのでしょう。

俺はあんたでは無いし、あんたは俺じゃない。だからはじめて自分という存在が定位出来る訳です。境界線を無くしてしまったら自己崩壊してしまいますよ。

-----
返信について

純粋に個人の想いですから自由でしょ? って聞かれれば、それは当然自由ですよとなります。けど、それに差別という言葉を用い、自分以外の誰かへの行為に対しても「いやがらせ」であると書くのであれば、そうじゃないだろって言われることがあるってことです。だって、それは一般化をしていると読めますからね。一般化をしようとしていると見なされれば批判対象になるのは当然のことです。

単に自分の妄想だと言うなら、最初からそう断って、そう読めるような文章にした方が良いと思いますよ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
どーも
妄想と批判されても、わたしは よろこんじゃうってことです。

「一般化をしようとしていると見なされれば批判対象になるのは当然のことです。」

もちろん、そうです。わたしへの批判は大歓迎です。よろこんじゃいます。

「そうですねえー」って いわれても、あんまり かえすことばが ないし。

Kazuさんのブログ、最近のものをいくつか よみましたが、家族制度の批判が すてきでした。
2008/05/10(土) 04:04 | URL | あべ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4478-99317069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック