fc2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「政局対応が強すぎる」 官房長官、野党対応を批判

また、同特措法案について「復活は必要で、廃止は国、地方にとって、責任ある対処の仕方だとは思わない。(参院で)否決されれば、閣議で政府の方針を決める。国民には理解をいただくべく、説明を丁寧にしていかなければいけない」と語り、政府の方針に変更がないことを強調した。


現実問題はともかく、建前としては逆だ。国民の理解をいただいた上で法案を提出して、法律として復活させなければならない。それが民主主義ってもんじゃないのかね。無理矢理強行採決しておいて、何を言ってやがるんでしょうか。国会対策、政局対策の方が、役人ゴマすり対策と利権誘導「しか」できない与党よりもまだマシなんじゃないかね。

こいつ、本当に口を開く度に寝言ばっかり出てくるな。こんなのを官房長官にしておくって、自民党はどんだけ人材難なんだよ。寝てばかりの政治屋に税金で給料出す必要はないんじゃないだろうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4496-801e54cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック