FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
毎日のように役人は病原体だ、人間じゃない、殲滅するべきだ、消えてなくなれ的なことを書いています。本来であれば同じ主旨のことを繰り返し書くのは本意では無いんですが、まだまだまだまだ考えられないようなニュースなりが次々と出てきて、どうしても繰り返し書いてしまいます。きっと深刻に汚染されたヘドロの海をスコップですくっていると、こんな感覚になるんじゃないかという気がします。本気で奴等の存在を許容する理由が見つかりません。

公的年金「プロが運用を」 経財会議の民間議員、提案へ

舛添氏の見解はもっとも何ですが、それよりなによりこの状態を延々と続けてきたという事実です。まぁ足りないとか言いながら無駄遣いだけはきっちりしてきた病原体ですから、真面目に運用を考えようなんてするはずが無いのは当然と言えば当然かもしれません。勿論、こんな病原体がはびこることを許容し、あまつさえ促進さえしてきた自民党の政治屋どもも同罪です。

消費者庁、成否のカギは「抵抗の排除」「窓口の充実」

もう開いた口が塞がりませんね。手法はともかく趣旨としては消費者庁の発想は間違っていません。病原体が人に害を為す為だけに生まれてきたということが良く判ります。抵抗するような連中は端から即時解雇するのが一番でしょう。

そして、本日の究極がこちら

日本を襲う官製不況の嵐(1)

官僚の大半は優秀で、不正を働いているようなものは一部だというのが嘘っぱちであると良く判る内容になっています。病原体はその存在を完全に否定されるべきで、生存させる理由は全くありません。とにかく役人の権限は徹底的に取り除く。税金を利用する場合は1円単位まできっちりと明細を全国民に完全に提示する。不必要と判断された奴は即時無償解雇を行う。新規雇用は民間での一定の実務経験があるもののみに限定する。当然新規採用など無し。ワーカーはバイトなり派遣なりで十分。官僚と呼ばれる人間の数は現在の1/100程度、人権費は1/10程度にする。効率を上げれば現在とほとんど変わらない仕事量をこなせるのではないかと考えられるが、こなせなくなる部分に関しては民間に投げる。国家の機能はその程度を上限として、それ以上のことを行わない。役人としての業務を行っている間と、離職後一定期間(30年程度)は参政権剥奪。これは3親等内の親族にも適用。

ともかく、古今東西役人と呼ばれる人間がまともだった試しがありません。そういう連中の数は最低限にするのが望ましい。ましてや現在の日本のように役人が我が物顔で政治にまで口を出してくるような社会がまともになるはずがありません。奴等に仕事をさせるということは、移植が必要な患者に対して、癌細胞付きの臓器を移植するようなもので、状態が悪化することはあっても改善することなど絶対にありません。

奴らの判断、奴等の発言、それらは全く信用に値しないものであるという前提で考えないと、永久に病原体の宿主として利用されてしまうことでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4551-a7ac8991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック