FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
最近の「MS-IME」は目に余る――よろしい、ならば「ATOK」だ

良く書けている記事だなぁと思います。ATOKを使っていない人に対して、その良さを過不足無く上手く伝えていると思います。基本的に文句は全く無いのですが、一つだけ補足を。

僕は既にATOKを使い続けて長いのですが、変換方式は、自動変換(句読点変換込み)にしています。長くPCの世界にいる人は、当然当初は単漢字変換を、その後連文節変換を、という経緯を経てきた人が多いと思います。僕もそうでした。ところが、ATOKのいつぞやのバージョンから連文節変換をやめるようになってしまいました。それは何故か? 簡単に言えば、その方が誤変換が少ないからです。ATOKの自動変換の精度は驚くべきもので、任せて置いても相当な確率で正しく変換してくれます。自分の記憶の方が間違っていることが多いくらいです。なので、基本的には変換はATOKに任せてしまって、補完だけを人間がするという方が効率的だと判断しています。

視点の動きという問題が上がっていましたが、実際には句読点などで変換がかかるため、僕の場合はそこで一旦思考が中断されても余り気になりません。けどこの辺は個人差があるのかも知れませんね。文章をどこまでバッファリングして書き始めるかによって異なるような気がします。僕の場合はバッファが小さいので、結構頻繁な中断を行ってもそれなりに平気だったりします。むしろ文章の暴走が止まって良いくらいかも知れません(笑) 個人的に一つのコツは、全ての学習機能を強にすることだと思っています。自分のよく使う言い回しや単語を学習してくれるので、自動変換の効率が更に上がるように感じます。

連想変換もかなり便利に使えます。標準で添付されている辞書に加えて、類語辞典から引くオプションもあります。更にそれらの類語候補を国語/英和/和英のプレミアム辞書セット、類語辞典、広辞苑で辞書引きするということも出来ます。これははっきり言って相当便利だったりします。普段使っている日本語が間違っていたと言うことは、結構しばしばあるもので、ちょっと気になった時に、信頼できる辞書を見られるというのはありがたいことです。

IMEにこだわりがない人でも、一回使ってしまうともう戻れなくなると言うのがATOKでしょう。実際にはそれだけの違いがあると言うことです。少なくともある程度の文章を書く人であれば、確実に効率アップが図れると思います。一回試す価値は十分にあると思いますね。体験版もあるようですし、損はないと思います。

PS.ダイレクトプラグイン入れてなかったんですが、「まうまう」が変換できると聞いて激しくインストールしたくなってしまいました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4553-5abb945d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック