FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
キャラ達の感情表現が生きていた回だと思います。真九郎に一番時間を割いていましたが、かれだけじゃなく、どのキャラも微妙な心情変化の具合が良く出ていました。前回の紫の表現もそうでしたが、こういう部分は本当に巧いなと感じます。

流れとしては、紫を助けに行くというのは、規定事項で、そうならざるを得ないと言うことは最初からわかりきっていたことです。それに対してどの程度の説得力を持たせることが出来るかというのが、この話のキモでした。その点について、十分な説得力があったと思います。それが状況のなせる技と言うだけでなく、キャラ達が、自ら感じ、考え、行動しているとこちらに思わせるというのが重要で、そこが良くできているだけで、話としては何倍も面白くなります。

話数的に考えると、ここからそれ程大きな展開をするとは思えないし、それどころか本当の意味で紫を救えるのかすら微妙なところなんですが、何かを期待させるものがあります。残りの少ない話数でどんな風に仕上げてくるのか、楽しみにしてみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4635-76d87084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「いってきます」
2008/06/10(火) 07:08:34 | 空色☆きゃんでぃ