FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「(銃刀法)規制強化をよく考えなければならない」

私の理解では、この発言における問題意識の中心は「規制強化」ではなく、「銃刀法の規制はあるが、現実には出回っている」「よく考えなければならない」のほうである。


ここまで好意的な解釈というのも存在するんだなぁと関心。過去のマチムラの発言を辿ってみると、ゼッタイそんな風に考えているとは思えないなと感じてしまう。よしんば、そう考えていたとしても誤解を招くような表現をマスコミの前で使ったという時点で政治家としては失格。直接的な表現をしなかったのは、単に世間と反対派議員達を配慮して、とりあえずジャブで収めたと見る方が正しいと僕には感じられる。

当人は規制したくて仕方ないというよりも、何も考えてないんだろうな。というのがこれまでのマチムラを見ていると想像できてしまう。それが当たっているかどうかじゃなくて、そう思われても仕方ない発言を繰り返してきてる。ヒステリックな反応なんじゃなくて、そう解釈しない方が悠長過ぎると思えます。

無意味に厳しい規制・取締り(カッターナイフ狩り等)を緩和して、その分のリソースをもっと効果的に用いる、ということだってありうる。


無いね。そんなことをするつもりがあるなら、道交法の内容が今の状態であるはずがない。規制を強化すれば役人の特権が増えて、しかも一定の支持も得られるってのがこれまでの通例。今回もそれに準じているんだろうということは容易に想像が付く。凶悪犯罪が発生したタイミングで規制緩和なんかしてしまったら、支持は得られる可能性はあるものの、万一同様の犯罪がまた起きた場合の責任を追求される可能性があるので、奴等はまずやらない。政治屋は自分か役人共に利益が落ちない限り動かない有機体です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4650-13ace65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック