FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
良くできてる。本当に感心する位良くできてると思います。ここまで4話で設定をきちんと説明し、しかも下劣でない上品な手法で、これだけ複雑な内容を必要十分に伝えてきました。この必要十分というのが重要で、完全にではないけれど、不足が無い程度にってのが素晴らしい。しかも、それでキャラの方も十分に描き込んできている。

これをこの話数でやろうとすると、難しいんだけど、それは余計なキャラを一切出さないというやり方でしのいでいます。けれど、不老不死という設定である以上、キャラを変えないというのも難しいことなんだけど、ローラの使い方も、前埜一族の使い方も実に巧妙で感心します。

そういう意味では、ここまでの話は良い出来なんだけど、さすがに同じような展開が4回続いてしまったというのはありました。展開自体を大きく弄らないというのもポイントになっていて、そこを弄ってしまうと話を追いかける方が忙しくなってしまって、肝心の部分が相対的に沈む結果になる。それを避ける効果がありました。

で、とうとう4話で一通り描ききったということか。というか話数的に描ききらないとという部分でしっかり大きく舵を切ってきました。今度はこれまでを逆手に取って、いつもと違う展開で話が進むという演出手法で来ました。ここまでの話を見てきていれば、その違和感というのが大きいというのがよく判る。

しかも、明らかに異なる性質の燐が存在するというのは、これまで燐の主人公性が非常に高かっただけに効果覿面。さらには記憶喪失を絡めるというのも悪くない。次回に引っ張るために設定の肝心な部分は隠しながら前回との繋がりの部分を焦らすように出して来るという辺りも巧妙です。ミミの使い方も良かったですね。

ここまではほぼ完璧な構成で話が組み立てられています。構成やシナリオに時間をかけられたというのも大きかったんだとは思いますが、通常のテレビシリーズではなかなか見られない凝った物語が見ているものを引き付けます。

当初は、ユグドラシルとは何かという根幹の部分が気になっていたんですが、回が進むにつれて燐やミミがどうなるのかという部分に興味が移るようになってきました。見ている側にこう感じさせるのは素晴らしいです。それだけキャラに入れ込んでいる、キャラの心情が伝わってきてるということを意味します。

さて、最終回をどう収めるのか。ここまで来ると期待せずには居られませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4656-b8399d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック