FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
空気なんか読めなくて良い

自分の好きなことをすれば良い。ただ、自分の好きなことをするためには、少々周囲と折り合いをつけなければならない。自分のためだと思って、それくらいは我慢しよう。そう、すべては自分を生かすためだ。そう考えるのが一番納得ができるのではないか。


完全に同意できます。エゴイズムが進むと他人との折り合いを考えざるを得なくなります。それはあくまでも自分の為にです。それが、更に進めば他人に積極的に関わったりすることになる。それが人間同士がお互いに生きていくという姿であって、他人を思いやるということを前提とした関係を是とするのは不健全だと僕には思える。それは結果先取りであって、経過を無視し過ぎている。

どんなものでもそうだけれど、理由が分からないモノを押しつけられるというのは苦痛でしかない。様々な勉強にしても、倫理にしても、常識にしてもそうで、何故それが必要なのか、それをするとどうなるのかを理解しない限り身についているとは言えない。形式的に猿真似をしているだけで、簡単に暴走したり間違ったりしてしまう。世の中にはそういうものが溢れています。

空気読めにしてもそう。実際には読むべき空気と、読む必要のない空気というものがあります。それを切り分けることをしないで、間違った時に空気読めとだけ指示するから、なんでもかんでも空気を読もうとするようになる。結果空気を読む技術は上手くなるかもしれないけど、一番付き合いたくない人間になってしまったり、過度に技術を求められた結果落ちこぼれて、無意味な疎外感を味わったりする。

形式を整え、結果的な平和や安定を確保するには無条件的な形式維持が最もローコストであることは間違いがない。その典型が法律という奴だろう。人を殺してはいけない理由すらまともに答えられない人間が大勢存在しているような状態ですから、これだけ様々な禁止事項が乱立している法律の意味など、専門家でも全て答えられるかどうか疑わしいです。けれど、法律を守ることこそが正義だとしてしまうことで、最もローコストに一定の平和や安定を担保出来ている訳です。そのメリットは認めると同時に、しばしばそれが暴走して、訳の分からない取り締まりや判決が出たりしているのを見かけます。

現在の複雑な社会構造では全ての物事に対して理由付けをしていくと、とんでもないことになるのは事実です。けれど、自分が困った時、迷った時、決断する時、意見を表明する時、そういうポイントとなるタイミングにおいて、関連する事柄に対して「何故」と問うことは、必要な行為だと思います。少なくともそれが出来ることが人間としての最低条件だろうと僕には感じられます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4684-be041ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック