FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
■教えるのが仕事

「教えるのが教師の仕事」それはその通りだが、ほうきの基本的な使い方まで教えるのが教師の仕事だろうか? そう考えると激しく疑問だ。学校という社会に出て行く為に最低限必要な知識というのは、身につけているという前提にしなければ、教師なんてやってられない。その最低限必要な知識を教えるのは、親権者なりの役目であって、それは発達障害であろうがなんであろうが例外は認められない。

そもそも社会というのはそういう仕組みな訳だ。一定の特殊性はスポイルするということが成立条件になる。お互いがお互いにとって許せる範囲やお互いのメリットになると認められる範囲において個性というのは容認される。それが社会という仕組みだ。法律が人によって異ならないというのはそういうこと。

そして、学校というのも一つの社会であり、実際の社会の予行練習の場であると考えるならば、最低限の内容が求められるのは当然だろう。客観的に見てほうきで遊んでいる時に、しかられてパニックを起こすような状態であるならば、学校に来る最低限の能力が満たされていないとするべきだ。それを無理矢理入学させておいて、責任を教師に丸投げしているのでは、正直ババを引かされたと感じるでしょう。

細かいことを一つ一つ全部発達障害児に教えるのは難しいかもしれない。けれど、注意されたりしかられたりした時、自分の理解していることが間違っているということがあるんだという概念をきっちり理解させ、パニックなどを起こさせない。少なくともそれが出来ていないのであれば、学校に連れてくるのは間違っていると判断する方が妥当だと僕には思えます。
スポンサーサイト



FC2テーマ:教育 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4685-ac9d33bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック