FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ペンギン娘の価格=スポンサーのないアニメの現状

「TVで無料で見られる=タダ同然のもの」じゃないというのは、原則的にはその通り。ここで問題になるのは、じゃあその作品の価値が売られている価格に見合うかというと、それは単に時間単価だけの話ではなくて、疑問が残る部分が大きいという話。そもそも作品の価値とは何かという部分が曖昧です。純粋に金というのでは納得出来ない人は出てくるでしょうし、中身が良くても稼げなければ食っていけないというのも事実です。

ですから、広告料でどうするとか、そういう部分はあくまでも金の話であって、作品の価値とは必ずしも一致していない。多くの金をかければ面白くなるというものでは決してない訳です。仮に、現状のDVDなりの価格を基準として、テレビ放送等を一切しない状態で、現状の作品を販売した時に、それでも作品を鑑賞するためには仕方がないとしてみんなコストを支払うかというと、そんなことはないだろうというのが実際。

結局無料放送に甘えていたのは、視聴者もだったかもしれないけれど、制作者も同様だったというところがあるんだと思います。それがあるから、中身をあまり問わないで作品を量産した。しかもそれをとても内容に見合うとは思えないような価格でパッケージ販売もした。それがまかり通る現実というのが存在していた訳です。けれど、それはねじ曲がった状態であるというのが実際な訳で、それを修正しましょうという考えが出てきている。それに対して、とりあえず何とかなっている現状のビジネスモデルを弄りたくないという側が反発しているというのがこの問題の根っこなんじゃないかという気がします。

ペンギン娘が面白いのかどうなのかは知りませんが、購入する側としては、その制作コストがどの位なのかということを考えることは基本的にはしません。あくまでも購入することで得られるものが、販売価格に見合っているかという基準で買うかどうかを決めるでしょう。制作コストから計算すると、妥当な金額だったとしても、結果として面白いものが出来ていなければ、その値段の価値は無い訳です。

じゃあ、面白ければ売れるのか? というと必ずしもそうではない。それが資本主義社会における商品の特質で、商品の質と売り上げは無関係だと言っても良いんじゃないかと思えるほど、一致していません。であるからこそ、資本主義は文化の敵となり得る訳なんですが、そこのギャップを埋める役割を担ってきたのもまた無料放送であったという事実があります。アニメならアニメがある程度の本数であるが故に、面白がって見ているという人達が居るのもあるでしょう。売れる作品だけに絞り込まれてしまったり、判る人にしか判らないような作品だけに絞り込まれてしまったりすれば、それはそれで業界として衰退の方向に流れるでしょう。ここでも作品の価値に対する認識の差が問題の根幹になっていると考えられます。

結局、双方が現状の価値観を維持する限り適切解は存在しないと思います。資本主義と文化は水と油な部分が大きいですからこれは仕方ありません。であるならばバランスを取るしか無いんだろうということになるんですが、アニメなどの映像作品の場合、見ている側からの苦情が大きくなる最大の理由は、デジタル放送での利便性がアナログに比べて著しく落ちるという部分にあるんだろうと思ったりしています。これがある程度納得の行くところで収まりさえすれば、それぞれが妥協し合うという関係が構築可能なんじゃないかという感じがします。

そう考えるので、権利者代表と称する集団の強硬な態度は、百害あって一利なしなんじゃないかと思っています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4688-3f828c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック