FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
かったるい展開は続いていますが、話は徐々に展開しつつあるという感じは受けました。優姫にだけできる特別なこと。枢を殺すことはともかく、僕になることで零を助けてくれるという段階で何かがおかしいと感じさせるものがあります。結局優姫はスペシャルな何かであるというのがここまで散々出てきているんですが、それを意図的かつ不自然に隠している様がかなり鼻につきます。

優姫が零と枢の間で揺れているという様を表現しようとしているのかもしれないのですが、どうもその表現方法に関しても奇妙な印象を受けます。優姫が二重人格とまでは行かないまでも1.5人人格くらいはあるように見えます。ぶれ幅が大きすぎるのがその原因かな。それがリアルなのかどうか判断がつきませんが、少なくとも僕の目には奇妙に見えます。

零にしても、思い切りが悪いというか、腹のくくり方が中途半端という部分が気になります。だから同じような揺れを何度も繰り返す。1度や2度は可愛らしいですけど、これだけ繰り返されるとちょっとウザい。全般表現が冗長という感じを受けます。だから話のテンポが悪いし、怠さが抜けない。話は進まないという結果になっているんじゃないでしょうか。

個人的には、これを丁寧な描写であるとは思えないんですよね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4691-bf1a27e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック