FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
【正論】中原英臣 「1000円たばこ」は1石6鳥

流石正論だ! っていう位の詭弁っぷりです。本当に酷い。まぁこの案に安易に賛成している程度の馬鹿共は大抵この程度の思考で賛成しているんだろうなって感じが見え見えです。まずそもそも、それ程に健康は必要か? という大前提に対してなんら議論されていない。そこへ持ってきてアメリカとの差が云々と来た。海外の国と比べてどうこうというのは、馬鹿が大好きな手法の一つなんですが、他をさておいて、あるポイントだけを外国に合わせることに何の意味があるのかさっぱり判らない。日本とアメリカでは様々な条件が異なっている訳で、その二つの国を単純に比較したり、状況などを安易に合わせたりすることは、必ずしも幸福を招く訳でも無いどころか、下手すると不幸を呼び込む。

で、その6鳥とは何かというとこういうことらしい。

1.まずたばこの栽培農家とJT(日本たばこ産業)の利益が増える
2,青少年の喫煙率が減少するという効果が期待される
3,税収が増える
4,がんや心筋梗塞といった生活習慣病が減ることになり、その結果、医療費を削減することができる
5,火事が減る
6,多くの国民が健康になる

まさにちゃんちゃらおかしいとはこのことって感じだ。1と3はセット。金額が上がるから儲けが増えるという算段な訳だけれど、自分でも書いているようにこれは一定以下に喫煙者が減らないということが前提になっている。値段が3倍強ということは、消費数が1/3以下になればこれは成立しない。喫煙率が3割にならなくても、消費数が3割になればアウトだ。もし仮に、それ以下になった場合の補填は賛成派がしてくれるんだろうか。少なくともこれについては、やってみないと正確なところが判らないというギャンブルでしかない。この段階でメリットだと主張するのは詭弁だ。

2は前提条件が無視されている。つまり、青少年の喫煙率が減少することが「良い」ことだという前提である。これについては法律で禁止されていることもあり、当たり前だという言葉の元で思考停止している奴等がほとんどだけれど、実際にはこれを良いとする根拠はそれ程強くない。最も強いのは健康面への影響ということになるだろうか。だとしたら、6と被っている。同じ内容を表現を変えてメリットが倍あるかのように見せる。これも詭弁家の典型的なやり口だ。

じゃあ、その肝心な6な訳だが、人が煙草と言う娯楽を今以上に強く否定してまで健康になった方が良いという理由が僕には全く見つからない。煙草程度の不健康な娯楽を禁止するなら、もっと先に禁止した方が良いものは山のように存在している。そこを無視して、健康という信仰を無条件に信じ、その教えを愚鈍に実行していくというのは、人間のやることではない。人間が生きるというのはどういうことなのか。それを考えもせずに健康は絶対だと言うのは、そこらの新興宗教以下のゲスな思考だ。

健康が重要だという理屈の内多いのが4だろう。つまり、国の財政に優しいという発想な訳だ。癌や心筋梗塞が実際に減って、医療費を削減できたとしても、結果死なない年寄りが増えることになる。そうなれば、医療費以外の部分の負担が増えることになる。結果慢性的な病気が多くなれば医療費だって負担がかかる。そもそも、国の財政というのは非労働者数が増えれば増えるほど負担が多くなるなどというのは当然のことで、一時的な医療費など実際は大した問題じゃない。短期的なスパンだけを見て医療費が削減できるなどと言って、トータルで実際にどの程度の削減が出来るというのか、きちんとした試算を見せて貰わない限り成立しない。その辺りに全くふれられていないところを見ると、自分の主張にとって都合の良い数字しか見ていないのだろう。これも詭弁の典型。

最後に火事が減るという部分。これは確かにメリットとして成立するかもしれない。しかし、火事が起こるから煙草は良くないという理屈がまかり通るなら、この世の中の全ての娯楽を廃止しなければならなくなるだろう。その程度の意味しかない。ナイフがあるから通り魔殺人が起きるというのと同じ程度に低次元な発想だ。現役の政治屋がこの程度のことを平然と言ってのけるとは言え、マスコミも同じレベルで語っていたら救いが無い。

つまり、全てを検証したところで、この程度の脆弱な詭弁の上で成り立っている主張でしかない。もし、この程度の理由で喫煙が禁止されるとしたら、喫煙がどうこう以上に、そのような実績が残るという事実の方が恐ろしい。にもかかわらず賛成意見が多い。その場のノリや勢いだけで不条理な禁止事項を半強要されるというのは、喫煙の迷惑さなどとは比較にならないほど大きな迷惑です。こんな低レベルな主張に安易に賛成する、自分が嫌いだと思うことはみんなが嫌いにならなくてはならない、自分が嫌いだということは排除するべきだ。そう反応している馬鹿共に参政権が与えられているという事実に恐怖を覚えます。
スポンサーサイト



FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
賛同
まったく同感です。
特定の嗜好品に対して
これほどまでの値上げは個人の自由の侵害。「禁煙ファシズム」です。

2008/06/24(火) 04:27 | URL | juki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4706-58571860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック