FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ケータイコンテンツの中年事情

年齢的には見事に中年に入っているんですが、この内容を見るとあからさまに自分はマーケッティング的な意味での中年とまるで趣向が合っていないということに、納得と驚きの両方を含んだ微妙な気持ちになります。しかし「ゴルフ、パチスロ、競馬、子育て、レシピ」とは…。どれ一つとして、全く、欠片ほども関心がありません。さて、そういう部分は置いといて、個人的には携帯コンテンツをどう思うかというと、結論から言えば

「今のままではどうにもならない。全く使い物にならないし、興味も引かれない。」

これが解答。まずは表示能力。携帯電話が携帯電話としての使い勝手を維持している以上、まず積極的に見ようという気にはならない。出先で緊急避難的に見るのが関の山。移動中とか、店の中とか、そのレベル。出先にはまず間違いなくPCが存在していて、高速回線が繋がっているのが当たり前なので、何もわざわざ携帯コンテンツなどという不便極まりないものを見る必要がない。それでも、見る機会というのが存在するのは事実なのですが、それすら携帯コンテンツを見たくないので、スマートフォンを持ち歩いているというのが実情。実際イーモンスターを所有してから、携帯コンテンツなんてほとんど見なくなった。乗り換え案内程度かな。

次に問題なのは料金。携帯コンテンツは、PCユーザーから見ればクダラナイようなものでも堂々と情報量を取る。だから携帯コンテンツで情報を取るということは、ぼったくりバーと知っていてわざわざ出向くようなものでしかない。今の料金体系を大幅に見直さない限り、積極的に使おうという気にはなれないでしょう。

最後に中身。携帯コンテンツの情報で目を引くような内容のものは極希にしか見かけない。稀少度という意味では、PCのネットコンテンツも大して変わらないかも知れないけれど、何せ表示情報量と、検索利便性が圧倒的に違うので、手間の差がありすぎる。しかも、試すにはそれなりの料金がかかったりもするので、良いコンテンツに出会う前に嫌になってしまう。

はっきり言って、中身の薄いものに金を出そうという気はほとんど無いので、相当の価値付けが出来ないと携帯コンテンツを使おうという気は起きないでしょう。もし、携帯コンテンツとして、それだけの価値付けが出来たとしたら、それは即PC版に以降ということになるでしょう。それは携帯電話という機会が、情報端末としては限界値が著しく低いからで、携帯電話を使っている以上、コンテンツの限界値も低いだろうということがこれまででほぼ確定してしまっているからということになると思います。フィクションの未来もののように、画面が飛び出してくるとか、広がるとか、電脳に直結とか、そういう絶対的な変化が無い限り、携帯コンテンツというものに期待することは無いでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4707-5d1cd960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック