FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
落し処としては無難なところだと思います。かなり厳しい展開かなと思ったんですが、最善策で纏めたと思います。崩月流で全てが決着してしまうというのは、ちょっとなぁという気がしましたが、まぁギリギリって感じでしょうか。話の展開の重要なところは、そういうばとる的な意味での勝負では無いので些末な部分かもしれません。

紫の決心というのが、なかなか聞かせてくれます。あれだけ小さい子があの台詞を言えるというのは素晴らしい。人生経験というのは年数では計れないというのを良く表してくれています。自分の意志を明確に打ち出す。それを守るために戦う。それだけのことがはっきりと言える人間が、この社会に一体どの位居るんでしょうか。

とりあえず真九郎と一緒に家を出る。それから先のことは後で考える。まぁそれが真っ当な判断なんじゃないかという気がします。けれど、紫にそういう選択をさせなかったというところが、紅という作品の真骨頂でしょう。紫の決意がそうであったからこそ、話が綺麗に収まることが出来たと言えます。

当然のことですが、紫にその台詞を語らせる為には紫のキャラクターというものが、それに相応しいと表現できていないと、話が噛み合わない。けれど、彼女のその決意に違和感を感じないで済む程に紫というキャラクターが出来上がっているというのが、重要なポイントです。このラストエピソードにいたるまで入念にキャラを描き上げてきた成果だと言えるでしょう。

全体として良く構成されていた作品だったと思います。十分良作というに相応しいでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4709-ed0a3cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
紅 -kurenai- 最終回です。 予想外の結末でした。 五月雨荘でハッピーエ
2008/06/26(木) 05:49:24 | アニメ-スキ日記