FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
モンスターペアレント 近年の「ブーム」に警鐘

「親はモンスターじゃない」それはその通り。モンスターなど存在していない。モンスターは作り上げられているだけです。猿に膨大な権限を与えれば、それはモンスターに変貌する訳です。単に無知蒙昧なだけであったとしても、それに権限を与えれば、恐ろしく危険な訳です。つまり、この問題を解決するには、

親権を得るには資格制を導入し、血縁と親権を切り離す。教育に対しては相応の対価を与え、結果に対しては責任を求める。

これで解決します。旧来の家族制度を前提とした親権制度がモンスターを生み出しています。馬鹿には馬鹿と、無能者には無能者と言え、その能力に応じた分の権利のみを与える。こんな基本的なことを守るだけで、馬鹿や無能者が不釣り合いに得た権利を振りかざして、不条理な要求をしてくるということは無くなるでしょう。

ついでに言うと、親権者のレベルが上がるということは、教師の側も今のままでは当然通用しなくなります。馬鹿教師や無能教師は即座に排斥されることになるでしょう。彼らは親権者以上のプロフェッショナルであるべきなのです。親権者が馬鹿や無能であるから、それに毛が生えた程度の教師も許されましたが、そうでなくれば求められる仕事の質が変わるのは当然です。

良い循環で回す為には、現在の淀んだ循環の根元である家族制度を破壊するのが最も効果的です。
スポンサーサイト
FC2テーマ:家族 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4720-25989450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック