FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
キリストを侮辱する言葉が書かれたシャツを着ていたとして16歳の少年を逮捕

多くの日本人にとって、こんな出来事は出来の悪いジョークにしかならない嘲笑の対象だと思うけれど、実際には、人ごとだと思って笑っていられる状態ではありません。この事件が日本で嘲笑の対象になるのは、価値観の軸が宗教であるからなんだけれど、宗教を軸にしていないものは、今の日本でもどんどん増える傾向にあります。

ともかく何かを規制しましょうという風潮全般がこの事件と本質的に同じであるという認識が必要。その価値観に同調しない人間、この例で言うなら宗教など糞喰らえだと思っている人間、からすれば全く問題がないどころかむしろ積極的に主張したいような内容であったとしても、それを国家機関が犯罪として拘束されるわけです。こんなえげつない話はありません。宗教など害の方が圧倒的に大きいという良い証左です。

日本でも萌えキャラがパンチラした絵柄のシャツなんかを着てると逮捕とかあるかもしれません。いや、アチコチで小型のVICTORINOX所有程度で逮捕されかけたなんて話も聞きますから、オーストラリアのことを笑える状態じゃ既にないかもですね。

規制歓迎派は、そいつらだけで集まって、北海道とか四国とか九州とかの島に隔離して、健全な生活を自分達だけで送って欲しいものだと常々思っているのですが、自分達の正義は普遍的なもので、それを守らない奴は淘汰するべきだという考え方が何故かあるようで、下は禁煙運動から、上はイラクの侵略戦争まで様々なレベルで、正義の高額な押し売りが行われています。こじつけも相当あって、まさに竿竹屋がヤクザ屋位しか対抗できる相手は居ないって状態です。

モラルとか、正義とか、マナーとか、そういう言葉を振り回す連中は、かなり高い確率でテロリストと同じ原理で動いています。たまたま自分の嗜好が多数派であったというだけで我が物顔をしているに過ぎません。なんらかのきっかけで多数派が転換すると、一気に魔法が解けるという程度の奴等です。

自分の思いを信仰すること自体は自由です。それを推進するのも良いでしょう。けれど、押しつけたり、権威付けたり、挙げ句の果てにそれ以外を禁止させたりというのは、近代以前の人間の発想と同じです。思考が全く進歩していない愚か者のやることです。このオーストラリアの関係者は勿論、日本の一部の政治屋とか、ユニセフを自称する団体とか、喫煙や児童ポルノ所持規制に積極的に賛成する輩とか、偉そうに何かを語る資格が無い連中だということを肝に銘じておかないと、今度は自分達が笑われる立場になってしまうでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
あぁ、まったくだ…
本当ににああいう連中には虫唾が走る…
自分たちが多数派だからってそれが絶対に正しいとか(笑)
2010/04/27(火) 17:33 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4730-9106f444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック