FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
結論としては既にわかりきっていたもので、逆に言うとそれしかないという展開ではありました。そもそも堂上の状態は一時的なものであるという前提が提示されていて、まぁそれなりに引っ張りはしたものの、戻ってくると言うのは既定事実です。それでも、やっぱり堂上の状態が戻った時には、感動してしまうと言うのは、これまでの展開が酬われたことに加え、この話の中でも一波乱を作って、笠原の変化を描いたという部分が大きいでしょう。この辺はそつがないという感じがします。

それでも最後の最後に法律を無批判に信じて生きているような奴は人間として生きていないというなかなか痛快な主張をしてくれました。ルールを守るということを絶対視する連中の醜さも良く表れていたと思います。勿論、視点が図書隊にある物語ですから、これだけをもって何かが決まる訳ではありませんが、少なくとも、逆手に取ればそういう見方は存在するんだという部分はアピール出来たんじゃないかという気がします。

1クールということで、どうしても温めになってしまった感は否めませんが、所々でなかなか見せてくれる展開がありました。キャラとしてはそれなり以上に描けていたと思うし、佳作というところでしょうか。ノイタミナはハズレは無いが大当たりも無いというのが、今回もまた守られたという感じになりました。2クールあれば違う展開に持って行けたんじゃないかなぁという気がするのがちょっと残念ではあります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4741-6b0eeab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック