FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「成果主義は失敗だった」と企業は明言せよ

今行われている成果主義と称する制度は失敗だった。それは確かですが、それをもって成果主義が失敗だったとは言えない。簡単に言えば、

成果主義は評価が難しいと誤解されていますが、実は簡単なのです。表面上の数字だけで機械的に点数をつけていけばいいのですから。上司は何の判断も下さなくていいわけです。


と定義されているのが、ここでの成果主義ですが、こんなものは成果主義と呼ぶに相応しくない似非成果主義でしかない。成果主義の最も難しいところは、実は管理職にあります。彼らが正しい認識と価値観を持って成果を行わなければ成果主義などというものは成立しません。それを表面上の数字だけで機械的に判断し、なんの判断も下さないとなれば、そんな上司の存在は無意味です。その程度のことは数万円のパソコンでだってできることでしょう。

結局、成果主義が導入された時点の管理職というのは、年功序列で上がってきた連中だった訳で、無能を絵に描いたような集団だった。そういう連中に成果主義をやらせると、こういう歪なことになったというのが一番の原因でしょう。必要だったのは、この程度の管理しか出来ない管理職の成果を認めないという姿勢だったのですが、成果主義と良いながらも年功序列的な部分も併用している会社が多かった為に、それは出来なかった。だから、結果として訳の分からないモドキが完成したということでしょう。

成果というのは必ずしも短期的な数字で結果が見えるものではない。数字に出てこないことをするのは愚か者という風潮を蔓延させたのは、成果主義ではなく、成果主義をコントロール出来なかった無能な管理職の責任だろう。少なくとも年功序列の生き残りが消え去るまでは成果主義は上手くいかないかもしれない。けれど、だからといって止めてしまったのでは、元も子もない。

手法を変えながら徐々に正しい方向に修正していく必要があるでしょう。管理職に求められる資質というものも考えなければならないでしょう。誰でも管理職にならなければ出世と言えない。管理職にならなければ給料が上がらないというのは間違っている。営業として数字を挙げる事が得意な人間でも管理職として有能とは限らない。だったら、管理職にしなければいい。そのまま営業として仕事をして貰って、挙げた数字に見合った給料を払えばいい。結果として管理職よりも高い給料を貰うことになっても、なんら問題は無い。

そういう発想で、本当に必要な能力を持った管理職が一定以上の数になった時、やっと成果主義はきちんと回り始めるんじゃないでしょうか。ここで、成果主義に十字架を背負わせてしまったのでは、管理職の無能さがまた見逃されてしまいます。どんな制度もそれを動かす人間が無能なのでは、どうにもならない。特に、全体をダイナミックに動かしていこうという制度になると、それが如実に出ます。成果主義に失敗した会社は、管理職の選定基準を根本的に見直すと言うところから始めるべきでしょうね。
スポンサーサイト



FC2テーマ:仕事 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4746-21e31ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック