FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
非承認型社会「日本」へようこそ

承認が必要だとして、それを黙っていても勝手に承認してくれるとでも思っているなら、大きな間違いだし、そうなるべきでもないでしょう。必要なのは、自分が承認されていないという事実に気付くこと、そして承認されるために何をするべきかと考え、それを実行することです。承認されていないからといって、それを他人のせいにして癇癪を起こすなどということは到底認められません。

大体「自らが他の誰とも代替不可能な存在として認められる」なんてそう簡単には起こらない。オンリーワンであるなんて、何億人に一人程度しか居ないだろう。結局大抵はそう思い込むという自慰行為で満足しているに過ぎない。SMAPの歌を嫌悪感を覚えずに聞ける連中などというのは、高い確率でそうだろう。

生まれながらに無条件にオンリーワンであるなどということは、あり得ない。そうなるためには相応の努力と、相応のアピールと、相応の実績が必要。その渇望が本来であれば原動力になるはずなんだけれど、それを早々に諦めてしまっているような奴は、当然人間の屑として処理される対象になるだろう。そんな奴に高賃金など与えられるはずもない。だから使い捨ての消耗品として扱われる。当然のことだ。人間だからという理由だけで、オンリーワンであるなどというのは幻想以下の妄想だ。

その代替を家族や恋愛に求めるのは構わないけれど、それも大抵はまやかしに過ぎない。特に恋愛に関しては顕著で、結婚までしても離婚する確率が高くなっている要因は、目先のまやかしに目が眩んだ挙げ句という原因もあるだろう。所詮自らで確立していない承認など、無意味なものだし、容易に取れる承認は容易に取り消されるものでしかない。それにしても、自ら獲得する必要があるだけ恋愛の方がまだマシで、無条件的な承認を撒き散らすというのも家族制度の大きな害悪の一つだろう。

個人がコミュニティの中に埋もれていた時代は、そこに帰属するというだけで一定の承認が与えられていた。だからそのコミュニティに存在できなくなるという行為が恐ろしかった訳だ。村八分などというのが意味を持つのは、そういう前提があるからであり、村に所属することに意味を持たなければ、そんな村など捨てて行けばいいだけの話になってしまう。虐めが低年齢層に多いのも同じ理由で、コミュニティに所属することで得られる承認のみを頼りにしているから、そこから拒絶されるのを恐怖する。自立した人間に虐めというのは、大きな効果は発揮しない。その特定のコミュニティの承認を基本的には必要としていないからだ。

人間が人間として生きるためには、個人としての自立が不可欠になる。それが出来ない連中は、その段階で脱落者として扱うべきだろう。彼らを救う為に、この流れを逆行させてはいけない。彼らは淘汰されるべき対象であって、救済するべき対象ではないのだから。
スポンサーサイト



FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4747-92320bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック