FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
良かったのは前半途中までですか。まぁそこで一点取れたというのは大きかったかもしれない。今回の試合に関しては、達也の出来が良かったということもありますが、そもそもツートップの組み合わせとして、エジミウソンと高原というのはあまりよろしくないんじゃないかというのがあって、片方が達也になったことで、相性という意味で良い方向に回ったというのが大きいという気がします。だから、高原と達也という組み合わせでもそれなりの結果を出せたんじゃないかと考えています。そういう意味では、永井にもう少し仕事をして欲しいところ。追加点は見事ではありましたが、それまでの時間はまるで仕事が出来ていなかった。それは彼に期待するところじゃないです。

それと、やっぱりポンテは効いてます。梅崎にはもう少し頑張って欲しいところ。彼の視野の広さとパスだしのタイミングと質、さらにはリプレースキックは、チャンスを数多く作り出してきています。復帰後数試合でこれですから、もう少し試合を重ねて行けば、これは期待できそうです。

もう一つのポンテの効果は守備面にも表れています。中盤の構成がポンテ中心に出来ることからボランチの仕事が楽になった。闘莉王や啓太が本来の仕事に重心を置けるようになったので、守備面が堅くなったのを感じました。更にサイドの展開も出来るようになって山田や平川が良く効いていました。

逆に言うと、達也とポンテが居なくなった途端に完全に元通りでした。それはガッカリ。彼等も病み上がりでまだ完全とは言えない状態。そういう個に頼る試合じゃなくて、もっと組織として試合を構築できるようにならないと、強いクラブとは言えません。まだチームとして復調したとは言えない試合内容でしたね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4776-30a29079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック