FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
iPhoneという奇跡

CNETの記事というのは、あまり信頼できないようなものが多いので普段読むことはほとんど無いのですが、これはたまたま目にしてしまいました。案の定酷い有様。結論から言うと「マーケティングごときにそんな歴史を動かすほどの力はありません」が真だとするなら、やっぱりiPhoneに歴史を動かすほどの力はないでしょう。だって、マーケティングで売っているだけの機械ですからね。

じゃあ、なんでiPhoneはそこまで奇跡的な機械なのかというと、こう書かれています。

iPhoneには、パソコン同様、MacOS Xに相当する最新かつフルスタックのオペレーティングシステムが搭載されています。この意味するところは、単にモダンなカーネルが載っているとかそういうことではなくて、あらゆる高機能なネイティブ・アプリケーションがこのOSの上で安定的に記述可能になっているということです。


説得力ねぇ? えっと、ここで言うフルスペックというのが何を指しているのか判りませんが、まさかPC用のOSがそのまま乗っているという訳では無いでしょう? だとしたら、単にそれなりの機能を持ったOSが搭載され、アプリケーション開発環境と情報が整っているというだけに過ぎないのでは? それって程度の差こそあれスマートフォンと呼ばれる類の商品全てに当てはまることだと思いますけどね。むしろAppleは開発に関してはずっと排他的で、勝手アプリを排除する方向に走ってきたじゃないですか。オープンという意味に於いてはMicrosoftの方がずっとマシだと思えるのは気のせいでしょうか?

まぁパーソナルコンピュータがMACと共に誕生してWindowsで完成したと思っているような人なんで、恐らく信者なんでしょう。どう考えてもPC/ATから始まってWindowsで完成したのがパーソナルコンピュータです。Macintoshなんて単なる徒花に過ぎません。それはこれまでもそうだし、これからもそうでしょう。それだけ歪んだレンズを経由して見ればなんでも奇跡に見えるんでしょうね。

「あらゆる革新的な製品は垂直統合モデルから誕生します」という主張は認めたとして、そのすぐ後に「最後は負ける運命であっても」と続いているところが興味深い(笑) 革新的な技術を開発出来てもそれを成熟させることが出来ないってことなんでしょうね。確かにMacintoshがGUIという面でWindowsのお手本になったかもしれませんが、結局垂直統合モデルであったからこそ敗者となった訳だし、ひょっとすると数年Windowsの出現を早めたという役割を果たしたに過ぎないのかもしれません。まぁそれでも始祖を神だと信仰するのが宗教ですから、何を言っても無駄でしょう。ちなみに過去Appleが技術を民主化するために尽力してきたとは、全くもって初耳ですが、そんなことあったんですか? Apple程非民主的な会社はPC業界では珍しいとさえ僕には思えますが。

まぁ最終的にiPhoneが歴史にどの程度のインパクトを与えることになるかは判りません。もし、ここで言われる程のインパクトを与えたとしても、それは奥の深い中身が原因なのではなくて、「アップル的なデザインの良さからくるマーケティング戦略の成功に過ぎない」ことは確実でしょう。だって、そこに左右されなければ全然欲しいと思わないし、EM・ONEやイーモンスターでなんの不便もありませんもの。ちなみにその良い証明が既にアンケート結果に現れています。

iPhone認知度50%、魅力に感じるのはアノ機能

あらあらあら、結局あれを喜んでいるのはそういう層ってことでしょう。少なくとも購入されている大半の皆さんは奥の深い中身とやらには興味が無いようですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/14(月) 18:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4824-13b76910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック