FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
どうせ中盤は構成できないのだからと前線を三人にした構成をとったものの、やっぱり中盤が構成できないと攻撃も形にならないということになった試合。あり得ないようなチョンボを何度も繰り返したというのも目につく試合で、それが致命的な結果になりかけたというシーンもいくつかありました。結局カウンターで連発されて終了になりました。

3バックにダブルボランチ、さらにサイドの平川がほとんど攻撃に出てこられないという状態では、中盤の構成も攻撃もあったもんじゃないというのは、ずーっと変わらない問題点。そのバランスを変えようと闘莉王を前にだしたりしていたんですが、それはある程度効果があったものの、逆にディフェンスが弱くなってしまって勝ちきれない。

ポンテが戻った数試合は光が見えたんですが、また居なくなってしまったので何とかするしかない。永井を右にするというのが良いと思うんですけどね。とにかくディフェンスの枚数を意図的に減らす以外には無いと思います。本来的には4バックが良いと思うんですが、サイドが前に出られないなら意味無しなんで、意識が変わらないことにはどうにもならない。

梅崎に関してももう一つピリッとしない状態。組織としての攻撃がまるで出来ていない。高原やエジミウソンに変えてエスクデロしか出せないというのがなんとも寂しい。当然のことながらほとんど仕事は出来ずじまい。まぁそもそも攻撃の形があまり出来なかったので仕方ないとも言えないかもしれませんが。

ともかく、守備意識偏重を変えない限り明るい未来は見えないでしょう。後ろは阿部と闘莉王、あるいは坪井に任せて、ボランチも啓太のみサイドも攻撃的に出来ない奴は使わないという位。取られたら取り返せばいいという発想でなければならないでしょう。ポンテが居ないのが大きいのは判りますが、居ないものはなんとしても居ないので、居る人間でなんとかしなければなりません。首位も陥落したことだし、そろそろ意識の変更をなんとかしないと、どうにもならないでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4866-3c9b1982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック