FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
処女の文化史

「処女の娘は父親が家族を取り仕切る能力の鏡と見なされただけでなく、父親の経済的・政治的な取引上の価値ある財産だった。また長男がすべてを相続するという長子相続権の結果、花嫁を捜す男性とその家族は、処女の花嫁を選ぶことで、生まれてくる長男が嫡出子であることを確実にしようとした。」


当然そういうことになります。特に日本のように宗教的文化基盤が緩めの社会においては、この傾向が強くなります。青少年保護などという綺麗事を名目として語られるものは、実際には青少年を保護する為では無くて、その親や家の権益を守る為のものでしかないってことが良く判ります。

こういう似非正義を法律だの条例だのとして認め、その価値観に従わないものを国家権力の暴力を持って排除するということを許してしまうという悲劇の温床もまた家族制度にあります。既に機能不全に陥り実質的な意味をほとんど持たなくなってしまっているにも関わらず、既得権益だけはしっかりと握って話さないという最低に下劣な状態になっています。しかも親の親としての能力が日に日に進行形で落ちていっていますから、まだ底を打っている訳ではありません。

個人の権利と自由を束縛する以外には何の効果も無いと言っても良いでしょう。一刻も早く家族制度を解体する為の手立てを打つべきです。相続税を限りなく100%に近い税率でかけてやることが一番効果的です。経済的な意味で家族の意味を喪失させれば結構な割合が消滅してくれるでしょう。その上で、子捨ての承認、馬鹿親からの親権剥奪などを同時に行えば壊滅的な打撃を与えることが出来るでしょう。完全に殲滅する必要はありません。大多数を非家族で構成してしまえば良いだけのことです。恐らく3割?4割もあればあとは自然と淘汰されていくでしょう。

家族制度という現代社会の問題点の根元を破壊すれば、かなり多くの社会問題に対して光明が見えてくるはずです。時代遅れの価値観に基づいた制度にいつまでもぶら下がっている必要はありません。不要なだけならともかく、害になった制度はとっとと切り捨てるのが適切な判断でしょう。速ければ速いほど効果が高いと思います。
スポンサーサイト



FC2テーマ:家族 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4979-a5e3c558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック