FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
何を以て成功なのか、何を以て失敗なのか。純粋な失敗ではなくて、そこから始まっている話。突っ込むならば、魔法能力を持つ者が魔法遣い以外の選択をすることが許されるという時点でかなり怪しい。しかもそれが魔法の能力の大きさに依らないとなれば、それは社会にとって驚異にしかならない。はず。

しかしまぁそれは置くとして、コンシューマーからあのような接し方をされるという時点で、魔法遣いの社会的地位というのが非常に低いというのが良く判る。絶対的な力の差というのがあるはずだから、本気で起こらせたら、間違いなく瞬殺されるに決まっているにも関わらず、あれだけの態度が取れるというところに馬鹿の恐ろしさがあります。しかも、要求そのものが微妙に理不尽さを帯びているのだから始末が悪い。

けれど、社会の中で適応するというのは、それを許容することであると暗に描かれているように感じられる。個人的には馬鹿を相手にする商売はまっぴら御免なんですけどね。その部分をえぐってしまうとちょっとえげつないので、そこに色恋の雰囲気を漂わせてフォーカスをぼかしている。その辺りはちょっと姑息ではあるけれど、作品のカラーにはあっているかもしれない。

ひょっとしたら、最後の最後までこういうどっちつかずの叙事的な内容で終わってしまうのかもしれない。奇妙にリアルな背景と、逆に全くリアルさを感じないキャラのアンマッチというのも、そう考えると意図的に作られているのではないかと考えられなくもない気がします。それでも、もう少し突っ込みが欲しいよなぁと思うのは、単に好みの問題なのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5029-b2ddb412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
人生の岐路(分かれ道)に立つ黒田。岐路の意味はさすがに知っていると思うけど一応意味書きました。黒田も意外に脆い人なんだなぁ。
2008/08/22(金) 20:53:59 | Shooting Stars☆