FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
合宿中止の背景に「厚労相派vs官僚」?

「会議は公共施設なので費用は無料で、宿泊先も安く済ませられるように考えられていた。報道で言われたように遊びに行くようなものではなく、今月末までにまとめなければならない来年度予算の概算要求を控えて『ビジョン』具体化の詳細を詰めるため、委員も忙しい中に土日の時間を調整した。」

それが嘘だと断言できる情報は無いけれど、だったらなんで湯河原? というのが疑惑の根元だろう。面子がどこから来るのか知らないけれど、通常なら東京を基準に考えるから、わざわざ新幹線を使ってまで1泊の合宿を湯河原でやる必要があるのか? ビジネスホテルを人数分借りて、厚労省の省内会議室でやればそれで済むんじゃないのか? つか、霞ヶ関ならホテルも必要なしで帰れるという人だって居るんじゃないのか? そうでなかったにしても、もっと近郊で会議が出来る場所は幾らでもあるはずだ。

湯河原厚生年金会館と言うと、何かお堅い施設に聞こえるが、その宣伝ページに行ってみると「ウェルシティ湯河原」と言う別名が付き、温泉や宿泊施設、食事などをアピールしています。そういう場所に行く予定にしておいて、切羽詰まったから仕方なくで遊びに行く訳ではないと言われても説得力があまりないのは当然だろう。

このご時世に厚生労働省の関係者が、温泉地で合宿をするという発想をすること自体が思慮不足だと言える。会議室は会館のではなく、役場のを使うとする辺りが精一杯だったんだろうが、そういう問題じゃないというのが理解出来ていないのが役人の役人たる所以という奴だろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5033-147cfd31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック