FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
かなり怪しげというか独特の雰囲気でずっと展開してきて、一体どんなオチが待っているのかと思っていたら、基本的には夢オチ。けれど、その後のフォローも含めて全体としてはミステリーな感じが良く出ていた緊張感のある回に仕上がっていたと思います。

愛情というか、人間関係というのは、あくまでも相対的なものであり、状況と受け手の印象次第でいかようにも変わってしまう。一見すると千花の姉に対する対応は酷いものであるように感じられますが、恐らく当時の彼女にとって見れば、姉の存在は本当の恐怖だったのでしょう。純粋に可愛がってもらっていたとしても、場合によってはそう受け取られてしまう。それが本当の家族だったとしてもです。

狂乱家族は、本来的な意味で言えば本当の家族では無いし、千花に至っては本当は形式的な意味での家族でもない。そういう微妙なポジションであるという背景を鑑みると、なかなか趣深い回になっていたと思います。惜しむらくは、それが、全体に対してどうかかってくるのかという部分が、今回もまた何も見えなかったというところでしょうか。それに関しては、今のところという前提が付く訳で、ラストを見た時に印象が変わるということを期待させて頂きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5058-b30933a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック