FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
冤罪か有罪か…女子高生2人が痴漢被害訴え 大阪地裁で1日判決

議論の余地は全く無い。当然無罪だ。物証が無いという段階で当然のことであり、起訴されている事すら異常としか言いようがない。仮に彼が本当は痴漢を行っていたとしてもそんなことは関係無い。それが現在の法律であり、司法のはずだ。証拠よりも憶測や状況に重きを置くというなら、法律の相当部分を書き換える必要が出てくるだろう。痴漢犯罪に関して、特異な司法行為が認められてきたことで、冤罪にナーバスにならざるを得ない。女性の敵は、痴漢でも女性でもなく司法ってことだ。

と思っていたら、一応真っ当な判決が出たらしい。

「触ったのは別人の可能性」…痴漢で起訴の男性無罪 大阪地裁

ここで注目なのは「痴漢被害はあったと認定した」って部分。これを信じるならば、この女の子が被害者であるというのは事実な訳だ。それを適当に目星を付けて(それが当人であったかどうかは別として)犯罪者呼ばわりすると、被害者が逆に加害者になってしまうというごく当たり前の判決が出たということだ。つまり、自分が泥棒にあったからといって、道を歩いている人を泥棒呼ばわりすればそれは自分が訴えられることになる。ってことで、こんな当然のことが痴漢犯罪に関してだけは通用しなかったどころか、司法が積極的にそれを後押ししてきたというのだから呆れかえります。

もしこんな司法の暴走がなければ、痴漢にあった場合の対処の仕方は変わっているでしょう。仮に今回と同じ状況になったとしても、起訴は行われず彼女が嫌な思いをすることも無かったでしょう。もし今度彼女がまた痴漢に出会ったとしても、もう犯人を捕まえてやろうとは思わないかもしれません。

もうこんな何の益もない、冤罪の温床にしかならないような法運用は止めるべきです。冤罪の1件は痴漢行為の1000億件よりも遙かに問題が大きく罪深いです。司法制度と警察組織の暴力行為の典型的な現れである冤罪行為は絶対に許してはならないものです。にも関わらず、意図的に冤罪を助長するような司法が長期間に渡って維持されてきたことは許されないものです。この行為は本当の痴漢にとっても冤罪を主張する根拠となります。男にとっても女にとっても百害あって一利なしです。

実際に被害にあったとされる女子高生は気の毒だとは思います。今回不条理な判決がでなかったことは喜ばしいですが、実はクローズアップされるべきは、司法の犠牲になって被害者であるにも関わらずさらし者にされてしまった女子高生の方だろうと思います。こういう不幸な女性を今後出さないためにも、司法関係者は猛省し、即時この腐ったやり方を詫び改めなければならないでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5071-efc06c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック